ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2018年06月22日

ひた走る

知人が、百ます計算の話をしていて。
至極気になった僕は、問題をすぐさま刷ることに。

足し算以外にも。
引き算や掛け算もあると言うことを、割と初めて知ったような気がします。

……え、元塾講師ですがナニカ?
やっぱりまずいですかね、うん←

出題する機会が、なかなかなかったので。
と言いますか、僕自身やったことがなかった←

と、言うわけで。
僕も、時間を測ってやってみることに。

……堅実に、足し算を。
四則演算の中で、1位2位を争うくらい苦手だったのですが。

1分50秒で、終わりました。
少しでも迷うとダメだなと、思いましたね。

僕は筆記しながら次のマス目を計算しつつやっていたので。
解くのがだいぶ早かったのかなと。

ただ、これでそら恐ろしくなってしまったのは。
その知人にコメントされていた知人の娘さんが110秒で解いた記録がある……と、言う事実でして。

僕には、その記録が早いかどうかと言われても。
すごく解くの早いなぁ、と言うくらいの感想しか抱かなかったので。

計算クラスタの僕としては。
いかんなぁと思って百ます計算をしてみた、と言うのが本音だったのですよ。

そうしたら、僕も110秒なのです。
マジかよタイかよと、思いましたよ。

確か、コメントされてた知人の娘さんは僕よりも3回りくらい歳下なので。
ヤバイな、と。

きっと、すぐに記録を越されるんだろうなと思うのです。
それほど、子どもの成長スピードは速いので。

期待はしないですけども。
なんか、楽しみですね。

そうやって、追尾する存在でしかなかった子どもたちが。
僕を、僕の存在がどうでもよくなるくらいに追い抜いて遠くへ行ってしまうなんて。

これほど、楽しみに思えることがあるだろうかと。
そう、僕は思うのですよ。

それは僕が青二才だからこそで。
余裕がある歳だからかも、しれませんが。

と、言いつつも。
まだ、追い越されるには早いですけどね←

きっと、追い越されたら追い越されたで。
彼らを目標にして、追い抜くだけなのですよ。

僕をもっと、楽しませる存在になってくれると思っています。
子ども達はきっと、これからもそんな存在でいてくれるでしょう。

さっさと追い抜かれるのも、つまらないですから。
僕は今後も全力で、生きるとしましょう。

……え、知人って表現は照れ隠しですよ、うん、なに、か?←←←
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: