ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2018年05月19日

捻れの話

以前、知人から給料日の話が出たときに。
楽しみだね、と言われたので。

えぇ、なんて。
相槌を打ったものの。

実は、特に楽しみだと思っていなかったのです。
寧ろ、そんな感情になっていない自分自身にワクワクしたくらいでして←

実際は、生活するために必要ですし。
お金があってこそ、書籍を購入できると言うのもあって。

入ってこなければ、困るのですが。
だからと言って、それに対して。

やりたいことが増えるとか。
質が向上する、と言うことでもないので。

別に、楽しみだなぁとは思わなかったのだなぁと。
思ったわけ、なのですが。

その結論に達した今現在でも。
かなり驚いてはいるのですーーなんかドライな感覚だな、と。

おかしいな、とは思わないにしても。
少し不思議だなぁと、思うわけでして。

いくら、経済活動の自由に重きを置いて生きていないからと言っても。
給料が出ないことには、いちばん重視している精神活動の自由が制限されるわけですし。

給料が出ないと言うことは、その危機に直結すると言うのに。
危機感がないなぁと……それとも。

危機に、慣れ過ぎてしまったのかと。
そう、思いつつ。

それは、問題ないだろうとは思っているのですよ。
僕にはまだ、痛みを感じる能力がありますから。

痛くなかったり、苦しくなかったり。
常に涼しい顔をしているようなことが常態にはなっていないですし。

知らず識らずのうちに無痛症になっていると言うことは、ないでしょう。
……最初から無痛症であれば話は別ですが←

なんて。
あー、『らっきょ』を読んだばかりなのでこんな話題なのですなぁ、うん。

まぁいいや。
戯言ではなく、あくまで自分が思った所感として本日は、したためましょう。
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: