ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2018年05月16日

表裏の話

お酒が入って性格が変わると言うのは嘘ですね。
本性が現れると言うのが、正しいです。

……なんて話をすると。
毎度、皆さんがーーあなたが身構えないか、心配になります。

僕には、あなたの顔が見えません。
声も聞こえないですし、どんな方かも分かりません。

ただ、僕は僕自身が特殊な人種であることを自覚していますし。
何となく書き記したことが受け入れ難いことなんだろうなぁ、なんて投稿してから思うような記事も多く書いている自覚があります。

けっこうこのブログ主って怒っているのかなとか。
思われるんじゃないかな、なんて思うような記事もよく投稿します。

実際は、どうかと言いますと。
感情的になっているときには書かないようにしているので。

特に怒っても悲しんでもいないことが、多いです。
こんなことがあったなぁ、なんて思いながら書くことは多いですけども。

ですから。
あまり、気にしないでいただけると嬉しいです。

皆さんのーーあなたの、気分が優れなくなった際には。
是非ぜひ、休息をなさってください。

そのほうが、いいと思うのです。
よろしく、お願いいたします。

さて、と。
本題ですね。

お酒を飲むと、本性が現れると思っています。
僕自身も、そうなのかもと思うことが最近、ありました。

なんだか、無性に計算したくなるのです。
あと、学術的なアウトプットをしたくなってきて。

ホワイトボードがあると、書き殴ります。
万有引力定数をド忘れしていることに気付いたら、それを導いたりもします。

以前、それをやって『ガリレオが現れた!』とか言われて喜ばれました。
やったね、と思いつつ。

あとは、オバマのスピーチの序文を書き始めたり。
世界地図を描き始めたり、問題を作り始めたりと。

やりたいからやっている自覚がありました。
もう、止まらなくて。

と言うことで、思ったのです。
僕はこう言うのが好きなんだな、やっぱりと←

『ルーン使いの言の葉』設立当初から。
学術に於いては貴族でありたい、なんて豪語してきましたが。

少し、色褪せてきたかなと思ってきていたのです。
現職ではそう言った言動を封印することが、多くあったので。

それが、実のところ勘違いで。
僕はやっぱり学術の徒なのだなぁと、気付けたので。

あの、最近できたお酒の場は貴重だったなと。
そう思う、次第です。

進んで飲むことは、今後も滅多にないとは思うのですが。
たまにならいいかな、なんて。

そう、思ったところで。
本日の記事は、この辺に←
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: