ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2018年05月15日

のほほんとしたような話

地元の駅前にあるオープンスペースで。
ちょっとした執務を行なっていたら……老紳士に絡まれたことがあります←

いや、老紳士が絡むか普通。
なんて言われそうですけども、そこは気にしないでください←←←

いやぁ、最近は陽気なご老た……老紳士が多いですね。
帰りのバスを待っていたら夫婦のように語らってやが……らっしゃる、老紳士ないし老b……ご淑女もいらっしゃいましたし←

まぁ、そんなことはいいのです。
迫り来るポリデントですね分かりませんやっぱり()

いや、元気なお年寄りが多いのはいいことです、えぇ。
……さてと。

執務中ーー正確には、iPadによる情報収集中ーーに、話しかけてきた老紳士ですが。
僕のiPadに興味深々だった模様で。

充電はどれだけ持つの、とか。
ネットに繋がるの便利だね、とか。

(勝手に)和気藹々と話しかけてきて。
横槍とか水を差されることが嫌いな僕はそのときたまたま精神的ゆとりがあったので。

そちらを向いて話を訊いたり、受け答えをしたりしたのですが。
3分ほどしたら彼も満足したのか、持参していた新聞を読み始めてしまいまして←

退屈凌ぎだったのかな、なんて。
機嫌の悪い僕じゃなくてよかったなぁ、とは思いましたとさ←

誰かの役に立ちたいと言う思いは、あるにはあるのですが。
あの老紳士が僕の話を参考にしたかどうかは、謎なところです。

とは言いつつも。
少しでも彼の精神安定に一役買っていたのであれば、と思ってもいるのですから。

僕もだいぶ。
精神的に良好になってきたなぁとは。

いま現在、振り返ってみて思ってきましたね。
今後もこの状態が続くと、よいのですが。

いや、そうじゃないな。
続くよう僕自身が能動的に、維持していきますよ、ハイ←
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: