ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2018年04月05日

信じるに値しない?

『人を信じるに値しない』と言う結論に達したことがあります。
人間不信を拗らせたわけでもなく、自然と。

人を信じても、僕を救うわけではなく。
寧ろ、自らの可愛さに蹴落とすこともある。

と、思うのは確かなのですけども。
それほど絶望しているわけではないのですよ。

僕の言う、『人を信じるに値しない』と言うのは。
『人は依存するに値しない』と言う意味に至極似ていることなので。

誰かを宛にしたほうがいい、と言うことではなく。
自らを宛にするべきなんだよなぁ、と言うような。

思うと、かなり真っ当なことで。
ですから……人は、信じるに値しないと。

そう、思うわけなのです。
もちろん、いきなり『人を信じるに値しない』なんて言うと語弊しか生まないのですが←

たまに面倒だと、そのままストレートに言う癖が僕にはあるので。
あぁ、気を付けないと……と思う、今日この頃です←
posted by バロック at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: