ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2018年03月08日

図鑑の話

図鑑を眺めつつ、その説明文を読むのが好きなのですが。
最近は、食虫植物の図鑑を開いていました。

僕が恐らく一番最初に知った食虫植物は。
パックンフ○ワーかマダツ○ミなわけなのですが……あれ、食虫?←←←

いちおう、昔から好きなんですよ。
いや、パッ○ンフラワーとかマ○ツボミがではなく←

食虫植物が。
フォルムがかっこいいので。

あと、不思議なので。
普通、植物が虫を消化するなんてあり得ないので。

どう進化したらこうなるんだろうと。
不思議で仕方がないわけでして。

あと、食虫植物ではないと思っていたら。
実は……と言うのも、あったりして。

例えば、ラフレシア。
……いや、ポケモンのラフ○シアのことではなくて……このネタやめますね、うん()

あの、大きくて強烈な臭いを発するラフレシアです。
あれも食虫植物と知ったときは中学生の頃でしたが、意外で驚いたモノです。

どうやって捕まえるの、と。
あぁ、当時は虫捕り型しかないと思っていたので……モウセンゴケの存在を知ってから、疑問が解決しましたが←

なんて。
そうやって興味を抱いてから、だいぶ年月が経ったので。

近場の図書館で、手に取ってみたのです。
こうやって過去を振り返ることも、いいことだなぁと思いつつ。

過去に進むことはできませんし。
後ろを振り返れば死屍累々なのが人の世なので。

あまり振り返ることはしないようにしているのですが。
それによって逃避している感があるならば、話は別だなぁとは思うのです。

実際の食虫植物は、虫を追いませんが。
ふわついている虫を誘き寄せることは、得意ゆえ。

少しでも迷いがあって。
過去を振り返って確認することで致命的な事故を防止できるのであれば、と。

そう思うと。
食虫植物の図鑑を開きたくなったのにも何か、意味があるのかなぁって。

そう、思うので。
つくづく、無駄なことなんてないモノだなーって、思いましたとさ。

……あ、食虫植物の図鑑を最後まで読んだあとはチーズ図鑑を途中まで読みましたよ。
結果、お腹が空いて自爆しましたが……えっと、またリベンジしますよ、うん←←←
posted by バロック at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: