ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2018年03月02日

ミックスサンドのよう

たぶん、と言いつつ確実なことですが。
僕は、感情を表現することが非常に苦手です。

相手の感情を読み取ることも、実は苦手で。
いつも相手の表情や仕種を見て、判定しているのですよ。

同時に、自分であれば。
どんな気持ちか……と、考えて。

実際、それは当たるのですが。
多大な集中力を用いるので、少しずつ疲労が溜まってくるのです。

……溜まってくる、のですが。
その疲労感はたいてい、表現できずに終わるのですよ。

分からないのですよ。
どうすれば相手に……『僕はあなたと一緒にいるのが嫌で疲れているのではなく、ただエネルギーを使いすぎて勝手に疲れているのです』と、嫌味と感じさせることなく本心でそう思っていると伝えられるのだろうか、と。

ただでさえ、感情表現が苦手なので。
相手は元気だと思って僕に接するわけなのですけども。

あー、と。
言えば反感を買って余計に疲れるし、言わないと色々と相手は無自覚にやってくるし、ままならねぇなぁ……なんて←

たまに、察しのいい人がいて。
そう言った人が、僕に助け舟を出してくれることが……あってほしいなぁ、なんて思いつつ←

僕自身で、やるべきなんですよね。
今のところ、お手上げなのですが()

ただ、僕が所属する団体には。
それを感じ取れる人が割と多いなぁ、なんて思うのです。

似た者同士だからなのか。
それとも、共通なモノで集まった人達なのでーーそれに関係あるのか、と。

なんとなく、ですけども。
因果関係ではなくて、相関関係のようなモノじゃないかなぁとは思うのです。

直感で分かるのと。
経験上、同じようなことを体験している、と言うのと。

やっぱり察しの悪い人は、一定数いますし。
『もう察してくださいよぅオーラ』を出しまくっている人も、いるわけなんですけども。

僕はそれを、他山の石、としています。
僕はこうならないようにしよう、と。

察してほしいのは、山々ですが。
人を不快にさせることや、迷惑をかけることは……話が別、ですから。

そんなの、個人主義者のやることではないのです。
自らのスタンスを確立することは他者のことを『どうでもいい』とすることでは、ないですゆえ。

…………。
………………………………デキテルト、イイナー(棒読)←
posted by バロック at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: