ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2018年02月19日

カマリング=オネスの呪い?

今年度は全く寒いと思えなかったです。
……なんて、言いたかったのですが。

実は、2週間ほど前。
凄まじい悪寒に見舞われたときが、ありまして。

そのときは、身体の芯から冷え切っていて。
帰宅してからストーブに当たっても、お風呂に入っても−−ずっと、寒かったのです。

僕自身が、氷になってしまったかのような。
そのような、感覚に陥ったモノです。

どうせなら、絶対零度まで冷え切って。
全ての空気抵抗がゼロにでもなればいいのに、なんて思ったくらいですよ(適当に言ってます)←

なんて。
あのときだけは、すごく寒くて……もっと言えば、心身の不調に見舞われていてひどかったのですが。

やっぱり、あのときくらいなんですよね。
寒いって思ったのは。

ふつうに、外は氷点下であると。
大通りの気温計が、表示していた筈なんですけども。

おかしいなぁって、思います。
僕はもともと寒さに弱い人だったので。

こんな、寒くないと思う状況は。
例外なんですよね。

そしてその例外中に悪寒が走ったあの日は。
例外の例外、ないし、例外中の例外、それとも……例外中の……いや、なんでもないです←

んー。
取り敢えず、まぁ。

寒いとあんまり思わずに、冬が終わろうとしています。
2月に入ってからと言うモノ、日差しが容赦ないですよね……もう、春を感じずにはいられなくて。

こんな日差しによって。
さまざまな人が張り切って、張り切って……頑張り過ぎるんでしょうね。

僕は、頑張り過ぎないようにしたいモノなのです。
心構えなくても頑張るのは、普通ですし−−おすし←
posted by バロック at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: