ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2018年02月13日

必要としてくれる人たちへ

本日は献血へ行ってまいります。
個人的に、あの場所は落ち着くので。

かれこれ今回で、11回目の献血と言うのもあって。
あちらのスタッフのかたや看護師のかたとも顔馴染みと化しているわけなのですが。

成分献血をするようになってからと言うモノ。
2週間経って献血を再開してもいい日になったと同時に、向かうようにしているので。

この人は実は暇なんじゃなかろうか、と。
思われていないかどうかだけ、心配……では、ないですけども←

寧ろ、喜ばれていますし。
喜ばれることをしている自覚があるために、別にそう思われていたところでどうでもいいと言いますか←

あちらも、こちらも。
ーーいや、こちらも、あちらも@害は一致しておりますし。

……んー、害すらないかも。
強いて言えば、僕が身体的なリソースを割いていることくらいでしょうか……向こうは、僕にお菓子を大量消費されることくらい←

まぁ、献血するとエネルギー消費が半端ないですから。
いただけるモノは、いくらでもーーほら、低血糖ないし低血圧で倒れるのもアレ(ドレ?)ですしおすし←

……取り敢えず。
僕自身、血液型で言えばいちばん割合の小さいところにあるので。

それで、いいのかなって。
……あ、詳しいほうのじゃなくざっくりとしたほうの分類ですけども()

と、言うわけなので。
本日も、色々と楽しみです。

僕から血液が吸い取られていくところも。
看護師のかたがたの手際の観察も、医療機器の精密さの考察も……なんと言うか、唆られるので←

主に、知的好奇心が。
元々は、精神的に崩壊しなければ医師になりたかったので……こう言うのは。

それになれなかった僕を、慰めることにも。
どす黒く染まった感情を浄化することにも、一役買うので。

僕が必要とされているうちは。
いくらだって、向かうつもりなのです。

僕の血液が、社会に還元されるのであれば。
そう願って、やみません。

と、言うことなので。
向こうに行ったら受付のかたに挨拶をして絶対に……チョコレートを馬鹿食いするのです、うんっ
posted by バロック at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: