ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2018年01月27日

いっつのっとこーるど

地元がやっと。
雪国らしく、大雪が降ってくれて。

なんてまぁ。
ありがた迷惑、と言いますか←

別に、嫌いではないのですよ。
雪って、温かみがあるので……冷たいですけども←

感覚的な、モノですが。
柔らかくて、全身を優しく包み込んでくれるような、そんな気がして。

……え、それは雪女に祟られてる?
いやぁ、そんなことは……あはは←

ただ、最近ですね。
冬になっても、一向に身震いしなくなってしまいまして。

寒いって、全く思えないんですよね。
通退勤中に髪の毛が凍ったのでそれなりに寒い筈なんですけども←

強がりでも、何でもないのです。
僕が生きてきて寒ければ歯の根が合わなくなっていましたしーー身体中が震えて、仕方がなくなっていましたし。

それが、今年度に関しては。
まるで、震えないんですよね。

今年度は暖冬傾向にあるなぁとは思っていて。
僕の住まう地区が氷点下を記録したのなんて最近なくらいでしたから、そう思っていたのですが。

流石に、髪の毛が凍てつくほどの外気を浴びてる状態で。
寒くないと言うのは……今までに経験のしたことがないわけでして。

僕自身が、恐ろしく感じるのです。
もう、慄きで身震いしてしまいそうなくらいに。

寧ろ、僕の知り合いが挙って。
身を震わせて『寒すぎる』と言っているのが、非常に滑稽でして。

どこがだよ、なんて思うので。
明らかに、僕の体感温度が異常なんですけどね←

……あ、そうだ。
寒くない、なんて言っている人を身近に約1名、いることを思い出したのですが。

だいたい、心身の失調と好調も僕と同サイクルで。
HSPのきらいも僕とだいぶ似通っていて、文化的なことをするとストレス値の下がる……あぁ。

母よ、あなたもか……なんて、カエサルのように呟きたくなります。
彼女も全く、寒くないようなのです。

この調子だと。
冷夏に於いて僕が暑がっていると、彼女も暑がってバテるのでは……と………………おぉ、ぅ。
posted by バロック at 00:00 | Comment(0) | 黒事実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: