ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2018年01月26日

謝り、誤り、過つ

急に、生きとし生けるモノに。
謝りたくなることが、あります。

平伏し、額を擦り付け。
滂沱の涙を流し、謝り続けたいと。

何か、謝ることがある気がするのです。
僕の知覚できない存在に、大きな借りがあるにも拘らず返せていない気がして。

天罰をください。
七難八苦をください、と。

それが妄想であることは、分かりますし。
どんな借りをしたかも、分からないわけですから。

本末転倒では、あるのですけども。
なんだか、謝りたくなるんですよね。

んー……僕は。
何を、求めていると言うのでしょうか。

頰を叩かれることを?
足蹴にされることを?

罵倒されることを?
それとも、赦されたいと言うのでしょうか。

それであれば。
何を、赦されたいと言うのでしょうか。

……一瞬の、気の迷いでしょうから。
精神が不安定なのかも、ですけども。

何度も、不定期にあるのであれば。
……某か。

僕が大切にしていない人は、いるでしょうか。
もしいるとしたら、その人は誰なんでしょう。

と、先ほどから考えておりますが。
今回も答えが出そうにありません、悪しからず←
posted by バロック at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: