ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2018年01月12日

帳尻合わせの戯言

思うに、帳尻を合わせることを意識して生きているのかなと。
僕自身は、そうなのかなと。

よく、人に対して親切だと言われますが。
大抵の場合、知らず識らずのうちに迷惑をかけていたりするのが人間と言うモノですし。

どこかで誰かの役に立ったところで。
その人の役に立ったら誰かが困ると言うことも、悪人ではないのにあるモノだと思うのですよ。

少なくとも。
その人の借りを仮令、返せたとしてもーーこの世との帳尻が合っているとは、限らないんだよなぁと。

僕はどっかで、許されて。
どこかでそれに甘んじていた時期だってあったことを知っていますし、今後も『ナニカ』の厚意に甘えるなんてことは。

生きているうちは。
どうしても、あるモノだと思うので。

僕にとって、人に親切にすると言うことは。
至極、当たり前のことだったりするのです。

だからこそ。
そんな当たり前のことを阻害する人については、早々に僕の認識する世界から退場していただくよう。

仕向けたりすることも、あるにはあるのですが。
僕が周囲への影響力を持てば持つほどーーRPGに於いて接触しただけで経験値をくれる雑魚キャラ化するそんな人達もいるので。

そのうち、仕向けることもなくことが終わっていることもあるんじゃないかと思うのです。
僕が正しい方向に向かって、不断の努力をしていくことで……と。

まぁ、普段から思っていることと言うよりも。
突発的にそう思っただけで、もしかしたら以前からずっと感じていたことを言語化できただけかもですが。

んー、あはは。
戯言、ですよねぇ←
posted by バロック at 00:00 | Comment(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: