ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2017年12月16日

ホロホロになる話

最近の僕ですが。
感覚過敏の症状が少しずつ、緩和されてきたような気がします。

今年の夏くらいまでが。
明るすぎて痛いだの、煩すぎて痛いだので、ピークだったのですが。

最近は、どうにか。
室内灯ほどの明るさであれば、痛みを感じなくなってきましたし。

音についても、痛みを感じにくくなってきましたね。
音を拾いすぎて頭が真っ白になることも、少なくなってきたような気がします。

ふつう、賑やかな場所でも相手が話した内容を聴き分けられるとのことなのですが。
僕の場合は昔から、すべて同じように聞こえてくるんですよね。

カクテルパーティー効果と言うモノが。
僕には、殆ど起こらないモノであって。

そんな場所で相手に聞こえるか聞こえないかと言われれば。
聞こえない、と言うのが僕の本音だったわけですが。

思えば、先月の会合で。
ガヤガヤした場所が会場だったと思うのですが……割と、人と話ができていたんですよね。

耳がよく聴き分けられていたので。
累積していたストレスがだいぶ軽減されているのかな、と今、思ったのですが。

どうなんでしょうね。
もう少し、マグレか否かを検証したいところなのですが。

あぁ、それにしても。
たまに、思うことがあるのですーー直感と思考は、随分と違うんだなぁーーと。

僕はもともと、感覚が先立つ人間なんですが。
あまり宛にならないことが多いので、思考することもずっとしてきたわけですよ。

最初から思考すると言うのは、僕が未経験の事象の場合であって。
身近なことであればあるほど、直感で動くと言いますか。

宛にならないぶん、思考に重きを置いてきたからか。
そちらのほうばかり強くなって、感覚のほうは原始的なまま成長していない気がしないでもなく。

じゃあ、どうすれば感覚を成長させられるかを考えると。
もう、成長した思考を根本から辿ってもらうしかないんだよな、なんて考えるので。

あー、また考えてるなぁ。
もう仕方がないか、なんて。

そう、思うわけなのです。
けども。

実は、当ブログを執筆中のとき。
殆ど考えずに、したためているんですよね←

だって、これは記録用ですから。
もともと、そう言った用途ですから。

それもあってか。
過去のブログ記事を読んでみると、『これって僕かね?』と思うことも多くありまして。

データをデリートしたい衝動に駆られそうなモノから。
今の僕が『ハッ』とするようなモノまで、色々と纏まっていて。

少なくとも、これをやろうと決めた当時の僕に。
ただひたすら、感謝したいと思うわけでして。

少なくとも、気分転換にはなるのですよ。
こうやって、気儘に書くと言うのは。

……え、脱線しすぎ?
じゃあ、このまま脱輪させましょうか←

どんどんどんどん、ばらばらにさせていって。
とろとろにふつふつとくつくつ煮込んでできた角煮は美味しいですから……ごめんなさいふざけすぎました←

思うに、こう言った脱線し易い性質も。
考えているようで考えていない文章の運びも、言葉遊びの性質も。

感覚が先立つからなんだろうか。
なんて、思うのですよ。

ですから。
明るすぎて痛いのも、聞こえすぎて痛いのも。

使いようなのかもな、と。
たった今、思いましたとさ←

その使い道は、よく分かりませんが。
もう少し、考えてみるとします。

生まれて4桁ほどでは分からなかったわけですから。
いつ、分かることやら……なんて、思いつつ。

分かったら、駄賃ほどの徳があると期待して。
つまみ程度には楽しめそうな問題を、じっくりと解いていこうとそう、思いましたとさ。
posted by バロック at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: