ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2017年12月10日

稼働日数の話

本日で、生まれて1万日です。
とうとう、4桁分のクレジットを消化してしまったようです。

よほどのことがなければ、5桁分のクレジットを全て消化するなんて。
そんなほぼ不老不死のような生き方は現在の医療技術では無理だと思うので。

なんとか、これからも。
不断の努力を惜しまず、邁進していく所存です。

理論分野に関して。
ないし、群像やミステリなどのフィクション分野にはめっぽう強くなりましたし。

その基盤を構築した状態で、実践分野の知識を収集してみると。
実際に行動していなくても脳内でシミュレートしやすくなるからか、理解が以前より早くなってきているので。

学術に目覚めた、10代半ばの僕の直感は間違いがなかったんだなと。
そう、感じ始めていますーーあのときの僕は、6000日も生きていなかったのに←

周囲から、よく言われたモノです。
それが何の役に立つのか、これをやったほうが、やらなくては、と。

彼らの口実に乗って、やってみた時期もあったのですが。
全て失敗しているのを鑑みるに……僕は受動的に物事に取り組むことが、絶望的に向いていないんだなぁって思うのですよ。

あと、僕は期待することや人を信じることがそもそも苦手なので。
相手からやらされると、何かあったときにその人のせいにし易いと言うルサンチマン丸出しの根性をしているので()

やっぱり、自ら発起したモノじゃないとダメだなと。
ずっと、自らの求めるモノを追求して、探究し続けていたのです。

そうしたら、実践でずっとやっている人や。
現場中心主義でガチンコ勝負の人よりも、よっぽど理知的に人を動かせる人間になったので。

そこは、自らを信じてよかったなと。
寧ろ、10代半ばの僕に感謝しなくては、と。

あの頃の僕がいなければ。
きっと、今の探究心も希求心も存在せず、頭も今ほど使えていなかったので。

もしかしたら、僕が所属する某高知能団体の……えっと、団員()にも。
なれなかったんじゃないかなって。

あの団体は、僕の知的好奇心を擽ってくれますし。
なんだかんだで退屈は、しなくなったので。

退屈がいちばん寿命を縮めると、思っている僕にとっては。
取り敢えず、生きるための口実(言い訳とも言う)ができて、よかったなぁと。

あの中も、ゴタゴタしているところがあったりしますが。
そんなことを言ってしまえば僕自身もなかなかにドッタンバッタンしているので←

まぁ、お互い様ですね。
なんて、思いつつ……あ、『お前に言われたくない』と思いませんでした?シッケーナー(棒読)

……いま、何となく思ったんですけども。
人間として生きることを考えれば、生まれて6桁目にいけないだろうってだけで。

別に、僕自身の意志を何かに移植するのであれば。
ずっと待っていれば……僕の肉体が朽ちる寸前には、できているんですかね。

今の人間の快楽指数は、古代ローマ時代に於いて暴飲暴食しているときと同じくらいで。
ピークに達しているので、もしかしたら10年ほど経った頃に快楽指数が落っこちて生産性のない時代が来るかもですけども←

別に、そのときはそのときですし。
長々と生きていてこの世すらも飽きて退屈になったら、元も子もないですから。

別に、意志を移植してこの世にあり続けなくてもいいのかって。
この世から放り出されれば、別世界に行ける気がしますしおすし←

脱線しまくってしまうので。
この辺で、妄想は終えておきますが←

それにしても。
もう、生まれて1万日ですか。

常に糖質制限をして、いざと言うときのために糖質を摂取しても頭の回転が鈍らないように空けていたので。
本日は、甘いモノをたくさん食べて。

過ごそうと、思っています。
あぁ、それにしても。

はっぴーばーすでぃ、僕。
今までよく生きてくれました。もう少しだけ、この世にいさせてくれるとうれしいな。
posted by バロック at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: