ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2017年12月02日

グラビティグラフィティ

最近、重さと質量の違いについて授業する機会が多くなってきまして。
なぜ今頃になってその基本的な範囲の授業を求められるのかが疑問に思うわけですが←

おいおい、しっかりしてくれよ。
なんて本音を言うわけもなく。

個別指導に於ける何でも屋な僕は。
いいよー、なんて言うわけですけども。

そんな辛気くさい話は、別の話で。
重さと質量の違いについて伝えるときに。

僕自身の体重を用いることがあるんですよね。
僕が地球にいるときと、月にいるときとで比較しつつ。

重さと質量の違いを言うわけですが。
ここで問題と言えば、やっぱり。

地球と月の重力の違いなのですが。
月は、地球の約1/6の重力なので。

僕の地球での体重が、6の倍数であってほしいのですが。
残念ながら、6で割ると2余る設計なんですよね。

ですから、仕方がないので。
僕からどこかを切ってその体重にさせてもらうけどーーなんて、言うわけなのです。

分かりやすさを重視した伝えかたを心がけているので。
実際に僕のモデルを話に登場させることが多いわけですが。

その数値を伝えると、大抵の教え子に驚かれるのです。
切っちゃうの?……と言うことではなく。

軽くないですか?……と。
僕自身は、別にそうは思わないわけですけども。

成人男性にしては、軽いのかもなぁって。
この体重のほうが身体的な動きも軽やかになりますし、けっこう気に入ってはいるのですけども。

筋肉も、いつの間にか付いてきましたし。
過ごしやすいからいいんじゃないかな、なんて思いつつ。

まぁ、確かに。
冷静にBMIを測ると、明らかに痩せすぎな値ではあるのですが←

なんて。
まぁ、僕が痩せていることで僕の質量の小ささを開示しただけでウケを狙えるので。

これは儲け物だなぁと。
無理やり、ポジティブに考えることも可能だったりします。

自虐でもなく。
他虐でもなく。

分かりやすく抽象を具体にするだけで。
誰も傷付かず傷付けず物事を伝えることができると言うのは。

素晴らしいことだよなぁと。
そう思った、今日この頃でした←
posted by バロック at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: