ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2017年10月14日

快楽主義者かく語りき

僕はたぶん、快楽主義者です。
自らがやりたいことに、かなり忠実ですから。

やるべきことは、そのためのスパイスのような位置付けにしていますし。
やるべきことをすることでやりたいことに結び付かないときは−−割と、やらないことのほうが多いのです。

将来を考えた際に。
もっとやりたいことがその延長線上にあって、さらに僕の目的にまっしぐらであれば。

やらないでも、ないのですけども。
そんな棚から牡丹餅のような通過点なんて殆どないのが、普通なので。

たいていの場合は、現状できることを優先させることにしています。
余った時間で伏線を回収できそうな、謂わば【ボーナスステージ】であれば別ですけどね。

……閑話休題。

よく言えば、欲求に忠実と言うことですね。
何かあれば、自ら責任をとることもできるので。

一方、悪く言えば……んー
杓子定規だと言いますか、融通が利かないと言いますか。

やりたいことに忠実なときは、周囲の忠告を聴き入れにくくなるんですよね。
それ以外の方法を手に入れても、重荷になってしまいますし。

ただ単に、不器用なので。
使いこなせないのも、あるのです。

あと、基本的に。
僕にはアクセルペダルしかないのです−−ブレーキペダルが、何らかの欠陥で装着されずに世に出てきてしまったらしく。

一度、アクセルペダルを踏んでしまうと。
失速して自然と停止するのを待つしか、ないのです。

これが不器用ゆえか。
器質性と言うか気質の荒さが問題なのかは、分かりかねるのですけども。

僕はこの状態をよく。
いちど稼働させた原子炉のよう、と形容するのですが。

僕のそれは、まさしく。
そんな、感じなのですよ。

だからなんだ、と言いますと。
あぁ、やりたいことを見つけて稼働させてしまったらもう−−突き進むしかない人なんだよな僕は、と諦めているので動いてしまったら諦めてほしい、と言うことなのです。

もし、止めたい場合は。
動く前に止めてほしいなぁ、なんて思うのです……けども。

犀かよ。
僕って、猪突猛進な犀もしくは字面の如く猪かよ……なんて、思い始めてきました。

おかしいなぁ、僕は人間の筈なんですけども。
僕の前世ってもしや、犀か猪だったんでしょうか……あぁ、来世も人だったらよかった……のに()

なんて、妄想が捗っているのを考えると。
僕の思考するための原子力はだいぶ弱まっているとみたので。

あともう少しで、冷温停止状態になるのかと。
おまけに、眠くもなってきましたしおすし←

あー、眠い。
これからやりたいことができましたので、そろそろなんの脈絡もなく終えようと思います。

……え、何をやりたいかって?
眠たいので寝たいです、うん。

以上←
posted by バロック at 00:52 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: