ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2017年10月10日

回想、献血のち雑記

昨日の成分献血の話をしましょう。
これで、人生に於いて2度目の献血なのです。

1度目は、400mlの単純な献血だったのですが。
今回は50mlずつ吸い取っては戻せるモノを身体に戻していくモノでして。

終わった後、特にふらつきが起こらなかったのが。
かなり新鮮だったなぁ、なんて思った次第なのです。

1度目のときは、体外へ吸い取られていく一択だったので。
3日間ほど、急激な運動をしないようにしないとフラフラしていたのですが(語呂悪いですね)←

今回は、特にそんなことなかったですね。
強いて言えば、立ちくらみが起こったことくらいですが−−思えばそんなモノ、精神的に脆い僕にとっては日常茶飯事なので←←←

……こほんっ
えっと。

少し、時系列が前後するのですが。
血液センターに入ったのち、受付をするのですけども。

指の認証を右でやり直したいとのことで。
ついでに他の僕の登録データを直すことにもなったのですけども。

僕、初回の登録のときには62kgだったんですね。
もう、吃驚しました……今、56kgなので。

食べても太らないんですよね。
けっこう食べても、どんどん痩せていくので。

あれま、と。
おまけに−−これは認識の問題でないことを祈るのですが。

僕、寧ろ今のほうがフットワークが軽くなっているので。
健康上、まるで問題がない−−なんて、思っているのですよ。

まぁ、まだ死なないだろうとか。
献血できない身体になっていないから、大丈夫だろうとか。

そんな、判断基準なんですよね。
もともと、3大欲求の中で睡眠欲以外がほぼほぼ乏しいですゆえ。

寧ろ、もっとやるべきことややりたいことに時間を割きたいですし。
この身が若いうちに……と言いますか、この身が朽ちる前にできることがあればやりたい……と言う欲求くらいしか。

こう言うと、危ないと思われるかもしれませんけども実際全くそうではない話をすると。
僕−−死ぬことが、昔から恐くないのです。

最悪、死ぬだけだからとか。
(だけど今、死んでしまったらすっごく惜しいから最悪の手段ないし結末に過ぎないけどね)なんてことを副詞節にして、言ってしまいます。

言外の文脈を理解していただけそうなかたには、よくこんな話し方をしますけども。
それで理解されないときは時と場合と場所を間違えたんだな……なんて思うことは、置いておいて。

きっと、命知らずなんでしょうね。
永続的な快楽を追求するくせに−−僕の命に対する執着って。

今、死んでしまったら惜しいし悔しいし分からないことが多いまま別の存在になってしまう。それが人間であるなんて、分からないのに……と思う程度にしか、ないのですよ。

だから、でしょうか。
僕が、献血のような社会貢献をしたくなるのは。

僕の自殺を−−僕を必要とし、必要とされる場所に貢献していくことで。
僕は、この世にい続けているんだなって−−そう、思うので。

この世に生を受け、ずっと忘れたいことを忘れられず忘れたくないことをどんどん忘れて。
それでもこの世に嫌気が差さないのは−−きっとそれでも、この世に惹かれる場所があるからです。

−−知りたい、分かりたい、理解したい、と思えるだけで。
もうそれだけで、この世からかなりのモノを戴いてはいるのです。

で、あれば。
貰ってばかりでいると僕は大荷物になりすぎて色んなモノを落っことしたりするモノですから。

誰かに、お裾分けをしたくもなるでしょう。
諄くなってしまって恐縮ですが−−僕の社会貢献欲は、こう言ったところから来ています。

僕のエネルギーを、全て利活用してくれればいい。
必要であれば、命でさえもくれてやるって−−そう、思うのですよ。

昨年、心身が荒れていたので改めてお話しますが。
僕は、働くこと自体は嫌いではありません。

どんどん利活用してくれればいいし。
それで僕が楽しいなら−−別にそれで、構わないのです。

ただ、利活用の仕方を間違えて搾取する人がここ数年で爆発的に周囲で増えましたし。
そう言う人に僕は−−抜刀したくて、仕方がないんですよ。

彼等の命を、吸い取りたくなっていくのです−−憎悪で鋭くなった、この身で、妖刀で、ばっさりと。
……まぁ、あくまで比喩ですけどね。

そして、これを書いている僕は。
ちょっとだけ、ホッとしているのですよ−−なぜなら。

昨年の僕は、こう言ったことを言えなくなっていましたから。
折角の妖刀なのに守りに入ってしまって、傷付いて、折れかけてしまっていたのです。

だから……あぁ、よかったと。
僕らしくなってきたな、なんて思ったのです。

こんな感じで。
献血の話を紡ぎながら、ものすごく脱線してしまいましたが。

まぁ、もともと『ルーン使いの言の葉』はこんなのですし?
初期のときなんか、凄まじい長文投稿ばっかりでしたしおすし←

あぁ−−嗚呼、僕らしい。
これからもっとアグレッシブに、なって動いても、いいですか?
posted by バロック at 20:28 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: