ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2017年08月23日

内省、雑記、徒然に

僕は音声が高速で再生されるように。
または、写真が大量にコマ送りされるように、考え事をするのですが。

よく、答えの出ないようなことを考えていると。
上記のようなことが、起こらなかったりするのです。

無音で、見えなくて。
ただ、物理的に感じ得ないモノが急速になくなっていくような……そんなイメージだけが、湧きます。

もしかしたら、それは僕の生命力かもしれませんし。
思考するために必要な、生命力とは別のエネルギーやもしれないのですが。

それすらも、よく視えませんし聞こえないので。
そう言った独自の概念を、遊ばせるくらいしかできないわけなのですけども。

いったい、何が哀しくて答えの出ないことを考え込んでいるのかとか。
それによってどれだけの視えないモノを枯渇させていることか、と考えることもあるのですが。

それに関しましては。
生まれてこのかた、ずっと行っていることのように思うので−−それ以外に、どうしろと言うところがありまして。

ただ、思うことは。
無自覚に消費しているわけではないのだよな、と言うことなのですよ。

アテもない考え事をするきっかけは、ないかもしれませんし。
それは、無自覚かもしれませんが。

そうやって勝手に考え事を始めていると言うことは分かりますし。
それを具体化できれば、どれだけ楽になれるだろうか−−と、思っていることも何となくですが、分かるので。

恐らく、それが自分自身では敵わないために。
誰かに訊くんだろうなぁって、思うのです。

僕って、どんな風に見える?
−−と。

どんな風に感じる?
どんな風に、思える?

−−なんて。
まぁ、僕の昔から不変の持論は−−自分のことは自分がいちばんよく知らない、なので。

ただ、誰かから言われたことに対して。
認めることもあれば、認めないこともあるんですよね。

前者については、その通りだと思うからで。
後者については、違うなぁと思えるからで。

違うなぁ、と思うときって。
胃が鉛を落とされたように重くなって、視界が霞むので−−すぐに分かったりして。

それで反論を試みて、相手が引き下がらない場合は。
その相手に、迎合したりします−−あぁ、この人とは付き合えないな−−と、場合によっては思います。

なぜなら、ストレスだからです。
その相手自体が、間違いなく。

それは誰でもそんなモノで、皆に合わせなくてはならない……と言うことであれば。
僕は喜んで、彼らを拒絶するんだろうなぁって。

笑っている仮面を着けて、距離をとって。
場合によっては、金輪際こちらに近付けなくなるくらいの呪いをかけて。

だって、僕が分からない人は相手も分からないですし。
そうなれば、相手から行動で嗾けてくることが多くなるので−−こちらから、何をしなくても離れてくれるので。

あなたは壁を作っているとか、こうすれば、したら?
それを僕に言えば言うほど、相手が荊に締め付けられるように。

思考に関して、僕が先でも。
行動に関して、相手が先で。

人は、目に見えるモノを証拠とするので。
相手の思っていることを信じるとか信じないとか、そう言ったことは−−人って表面上は同意しても、いざ揉めるとすぐに裏返すので。

なんて、言う僕は。
本当に、人間を信じないのだなぁと。

それも、その筈で。
僕は人間を信じるのではなく−−……おっと、誰か来たようだ←

そろそろ、お暇しますねー
posted by バロック at 15:16 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: