ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2017年08月13日

赤褐色な声色

思えば、最近。
声を使っていないことに、気付きました。

誰かの存在を認識しているような、不自然なときほど。
誰もいないことを自覚している、自然なときのほうが。

独り言を用いるぶん、声を使うのですけども。
そんな僕は、天邪鬼なんだろうか−−なんて、思いつつ。

まだ、姉とは顔を合わせてはいませんが。
そろそろ、地元に着いた時刻でしょうから。

そのうち、会うことになると思いますけども。
あー……ヴー……ぁー……声、錆びてるかなぁ。

信頼関係が築けていなかったり、リセットされている人間には。
どうも、地声で接してしまう癖があるので−−そうだなぁ。

気持ち、高めの声を意識しないと。
なんて、思ったり思わなかったり。

あー、暑い。
綺麗な水を、飲みたいな。
posted by バロック at 17:15 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: