ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2017年07月11日

八つ裂きピエロ

僕って、相手を壊してもいいんだろうか。
そんな権利なんて僕にはない。そして、義務もないのです。

そして僕は、壊れてもいいんだろうか。
そんなの、権利も義務もない−−自由なのです。

でもそれって。
僕が無価値だって、ことなんですよ。

言い換えるならば、それが非売品と言うことで。
悪いことでは、ないのですけども。

その非売品を壊していいのは、僕だけです。
僕だけ、なのです。

相手の非売品は、相手のモノで。
僕の非売品は、僕のモノで。

相手にとって相手は、無価値で。
僕にとって僕は、無価値なので。

じゃあ、僕にとっての相手は?
そう訊かれたら−−僕の答えは、ひとつです。

分かり切ってることだろう、と。

じゃあ、相手にとっての僕は?
それを訊かれたら−−僕の答えは、こうなります。

分かり切ってることだろう、と。
posted by バロック at 18:40 | Comment(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: