ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2017年07月04日

分からないことだらけが楽しいなんて

夜中に、思うこと。
あぁ、台風は今回は来ないでほしいなぁと。

僕が移動するときに、若干、邪魔ですし。
別に僕の職務の休止か平常運転かが関係のないときであれば別に−−来てくれなくてもいいなぁ、なんて。

いちおう、本州に在籍しているがゆえ。
台風が来ると言うことは、僕がきちんとそこに存在していると言うことになりますし−−それはそれで、よい気がしないでもないのですけども。

それは、僕が日本人として存在しているんだな……と言うことに、安堵するだけで。
本当は−−それさえあれば、どこにいてもいい気がするのですよ、僕って。

縛られることが、好きなようで嫌いで。
地元が、嫌いなようで好きな僕は。

きっと−−ここから離れて、放浪しなくては。
しないといけない−−なんて、なぜか焦ってくるのです。

おかしいなぁ、とは思うんですけども。
根無し草のような、それでいて根付くことを心のどこかで望んでいるような僕には。

お似合いな感情で。
逆に−−必要な、感情のように思うのです。

それが、拭えたとき。
僕は本当に、解放された心地になるのかも分かりませんし。

解放されたから、安らぎを得るのか。
はたまた、苦痛になるのか。

あぁ、分かりかねるなぁ、なんて思いつつ。
今はそれを望んでいる気が、してくるので。

この、自由を求める闘争は。
これからも、継続していこうと−−そう、思う次第です。
posted by バロック at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: