ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2017年06月27日

破壊衝動を書き殴る

教育って、本当に向いていないなと思うのです。
実は、昔から。

教え育つ、と言うのが教育でしょうけども。
教える、と言うことがかなり苦手なのです。

僕の教えかたは、どこか暴力的で。
血腥いときがあるなと−−そう、思うことがあるので。

一般的な物言いが、できませんし。
到って普通の家庭に育った礼儀知らずに言うべき言葉を基本、持ち合わせていないのですから。

致命的なくらい、疲れるのです。
たとえ卒なくこなそうと思っても、全力で取り組もうと思っても−−冷めた目で俯瞰している、自分がいるのです。

この偽善者、とすら思います。
率直に授業しようが−−胃が破裂しそうなくらい膨らむ痛みを堪えて授業をしようが。

ですから、なんなのか。
とは、思いつつ。

とんだ戯言だよなぁと。
独り言つ、今日この頃。
posted by バロック at 00:00 | Comment(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: