ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2017年06月16日

微睡みのような平和を夢見る

昔から、僕の願い事には共通の事項があって。
ずっとずっと、それが叶うことを望み、欲しているのですけども。

なかなか、叶わないどころか。
すぐにすり抜けるようにそれは消えてしまうので−−少し、残念に思ったりしてしまうのです。

それは、世界平和のようなモノで。
あくまで、僕自身が所属し、認識する世界の平和なのですけども。

そんな、矮小なモノでさえも叶わないのであれば。
この人類全てが望む平和なんて、夢のまた夢なのだろうな−−なんて、思うわけなのです。

叶いっこ、ないことだと。
そう、思うわけなのです。

−−ですが。
だからと言って、できる限りの行動をしない理由にはならないのですよ。

今の世代で、計算漏れを起こしたゆえのとんだ番狂わせが起こるかもしれないですし。
万が一、億が一、兆が一……んー、京が一くらいの確率で。

あと、今の世代で起こりっこないことでも。
脈々と世代は次のステージへと移行するモノなのですから−−もうちょっと、現状を緩和できるくらいまでには、しておかないと。

次世代の人間ですら。
現世代の置き土産の後始末で、全ての資源を枯渇させてしまう気がするのですよ。

で、あれば。
僕達は、できる限りのことをやっぱり、するべきだと思いますし。

少なくとも、この僕は。
誰に言われるでもなく、やることにしているのです。

別にそれが、誰からも見向きされないモノであろうとも。
僕がなんだかんだでこの世界の歯車であり続けるうちは−−もう少し、もがき足掻いてみようかなと。

そう、思うのですよ。
まるで、修羅のようでしょうか?−−僕は、そう思いますよ。

まだ、若いのですから。
人間(もんがまえとにくづきのイメージ)に至るには、まだまだだと思っておりますゆえ。

……なんて。
あぁ、この世が平和になりますように。
posted by バロック at 02:04 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: