ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2017年04月11日

判別不能

分からなくなると、動かなくなる癖が僕にはありまして。
これ以上、余計なことをしたくないから−−と言う、消極的な理由があるのですが。

もし仮に、積極的な理由にするならば。
余計なことをしてしまうから−−と、なるのでしょうか。

もともと、感情が入ると。
全てが、吹っ飛んでしまうタイプなのです。

誰かにムッとさせられると。
そのことが頭にこびりついて離れなくなったり。

その人が言ってたとか。
みんなそう思っている、と言われると−−それだけで、カッとなってしまったり。

あぁ、その人は主体性がないなぁ。
そんな人の言葉に僕はカッとなったんだな−−なんて、情けなくなってしまって。

そんなとき、僕の容量はパンク寸前ゆえ。
他のことに手がつかなくなっている状態なのです。

それでもやらなければならないことがあるからやれ、と言われたことは。
9割がた、失敗してしまうので−−いちぶのかたは、あまり障らないようになってきます。

なってくれていると、思うのですが。
頭のいい人ほど−−そんな傾向があって。

僕はそれについて、どう思うかと言いますと。
心地よかったり、するのです−−肩透かし感が、ありますけども。

僕の立ち位置を尊重しないことには。
障らないように、干渉しないように−−なんてことは、なかなかできませんし。

淋しくなってきた頃に、ちらほら反応があったりして。
それはそれで−−やりやすかったり。

少し、淋しくなるくらいの淡白さは僕をおかしくしませんし。
寧ろ、僕の感情の波を激しくさせる人を−−僕は、あまり好まないのかもしれません。

たいてい、そのようなかたとの関係を。
僕は、復縁することもできないくらいにズタズタにしてしまっていますから。

ゆえに。
僕は−−本当に。

感情的な人とは、付き合えないなと。
……いや、語弊がありますね。

ヒステリ気味な人とは、どうしても。
調子が狂うから、付き合えないなと。

そう、思うのです。
でもそれは−−僕がそうだから、かもしれませんけども。

なんて。
蛇足かな、きっと。
posted by バロック at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: