ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2017年04月04日

戯れてみる

物事を煮詰めていったときに。
実際に僕は、物事を煮詰めたりしていたんだろうかと−−思うことが、ありますね。

実際には、僕の心情を煮詰めただけで。
それがさらにジャム化して、もっと収拾がつかなくなっているだけなんじゃないかとも。

思うことが、ありますが。
まぁ、ただの戯言と言えます。

万物が流転する、なんて言ったのは誰だったっけと。
ボロディンを聴きながら書いているので、思い出せないのですが←

……面倒です、イヤホンを装着していますが。
外しません、不悪←

で、なんの話かと言いますと。
万物に於いて、不変のモノはないのだなぁと−−そう思うんだよなぁ、と言う話なのです。

何も変わらない、と言う人はただ。
時間軸に平行に移動することを忘れて、停滞しているだけで。

細胞レベルでは、どんどん歳をとっていくわけです。
自分自身は時間の流れに逆らって停滞するのですから−−なるほど、と。

何もしない人は、精神的にはストレスでしかなく。
摩耗を繰り返し−−脳の劣化も、ひどくなっていき。

最終的には、なんとやら。
なんて思いますが−−人の末路なんて。

そんなモノなのかも、しれませんね。
そう思う、今日この頃。
posted by バロック at 09:00 | Comment(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: