ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2017年04月02日

妖怪、わたぬき

昨日はエイプリルフールでしたね。
その日の午前中にしか嘘をつけないと言う−−夜型の僕にとって、不便極まりないモノだったのですけども。

皆さんは−−エイプリルフール、楽しめたでしょうか?
僕の某SNSアカウントのほうでは。

『四月一日』を『わたぬき』と読むこともあり。
人の臓物を抜き取っていく妖怪のネタを、仕込んだりしました。

もちろん、『わたぬき』とは臓物を抜く妖怪のことではなく。
冬用の布団から綿を抜くことを指すだけなので−−ご安心ください←

さてと。
四月になりましたね。

それに伴い、僕のお仕事も始まりまして。
それなりに、忙しい日々を過ごすことになりそうです。

ラーメン屋に同席していた同居人から、『みんな本を読んでなくてみっともないから本を仕舞ってくれ』なんて理不尽なクレームも華麗にスルーしたりもしました。
それで同時にリクエストされている試験に合格できる確率が変わらないと言うのであれば、遠慮なく辞めるのですが……なんて←

僕だって、小説を読みたいですし。
場合によっては−−人の感情の振動による知能の振幅について(仮)考察したり、したいのですから。

何が哀しくて、ノートを広げるまでもなく即答できる問題演習教材を。
眺めて反復演習してねばならんのだ、と思わなくもないのです。

それで、周囲の人が誰も読んでいなくて恥ずかしいから本を仕舞え。
なんてクレームに、なぜ従わなければいけないのかーって。

刃傷沙汰にならないように。
これからも、色々と自制しなくては。

僕がその人を血祭りにする前に、その人を黙らせることが必要になっているので。
取り敢えず、26年余りできていないことにけじめをつけなくてはなぁ、なんて思っている次第なのです。

そうしないと。
合法で、黙らせることができないので。

なんて。
そんなわけで−−まぁ、今年度もよろしくお願いしますね。
posted by バロック at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: