ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2017年03月29日

四月馬鹿にはまだ早い

本日より本業スタートと言いましたね。
あれは嘘になりました←

上司からの伝達で。
(先週の)土曜日まで指導をストップさせておくから、(今週の)月曜日に復帰できるかどうかをその曜日に教えてほしいと言われていたので。

(今週の)月曜日に、連絡したわけです。
(今週の)水曜日には復帰できます、と。

そうしたところ。
上司から、言われた言葉が−−あなたの復帰時期を全く把握していない状態だったから、(今週の)金曜日までは代行手配させまくって全て埋めておいた−−と。

つまり。
(今週の)金曜日までは、僕の仕事がないと言う意味なのですけども。

代行も何も、その教室は担任制が崩壊している状態で。
恐らく、どの講師陣も誰か自分の担当生徒なのかを知らない状態だと思うのですけども。

僕に、担当生徒がいるとすれば。
今月の一般入試を目処に退塾した人間のモノしか知らないわけなのです。

代行の手配をさせまくったとして。
それが誰かさっぱり分からない状態で−−ズルズルと不必要な休日を謳歌しろ、給料はナシだと言うのは。

うん、僕の知能では理解不能なのです。
もう、上司の車の給油口に角砂糖を放り込んでやろうかと思ってきますね←適当

なんて。
どんどん愚かになっていくよなぁ、あの上司は。

なんて、思いますけども。
僕が伝染しないように、気を付けなくてはですね。

別に、衝動に駆られて手を汚すことはしないでしょう。
万が一やることになったとしても−−あくまで合法で、復讐をするタイプですから。

それに。
やろうと思えばやれると理解できていると−−今、やることで僕のデータに傷が付くことが、あまりにも対価としては大きすぎるよなぁ、なんて思うので。

……『ルーン使いの言の葉』だからこそ、こうやって暴露していますけども。
皆さん、これくらいの殺意は持ちますよね、普通は。

−−なんて言うと、たいていドン引きされるので。
やっぱり僕は、そう言う人間なんだなぁと思うわけですけども。

八つ当たりでも、なんでもなく。
ただ、そう思うのです。

きっと僕は。
そうすることで、人道から道を踏み外さないようにしてきたんだなぁって。

いま、勝手に、納得しました。
うん、収拾がつかないですおわた←←←
posted by バロック at 17:23 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: