ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2017年03月26日

リハビリがてら

地元で、ペーパークラフト展が開かれていました。
最初、某文化会館と勘違いしていたのですけども←

展覧会のタイトルに、『文化』と言う文字があっただけでした。
……ぼく、さいきんこんなかんちがいばかりですorz

まぁいいや。
最近は僕の単独行動ばかりですし、迷惑をかけてしまう人もいないですしおすし←

本当であれば、眠っていたほうがいい気がしましたし。
身体も若干、怠かったので。

とは言いつつも。
最近は会話が成立しない同居人と会話するだけでも、息切れを起こしていたので。

気分転換をしたかったですし。
あと、出展している友人もいたので。

もう、行かない理由ないなこれっ!
なんて、思いまして←

行ってきました。
んー、なんか色々と圧巻でしたよ。

ハウルの動く城とか。
パノラマになった戦争の舞台とか。

蒸気機関車とか。
戦闘機とか、ガンダムとか。

これみんなペーパークラフト……?
と思えるくらいの完成度で、本当に驚いてしまいました。

あー、写真を撮るべきでしたね。
僕、基本、写真を撮らない人ですから。

脳内に保存してしまうのですよ。
誰かに紹介することを、まず考えないですし。

なぜか、写真を撮ると。
その情景を−−思い出すことが、できなくなってしまうんです。

自分で撮ったモノも。
誰かが撮ったモノも−−みんなみんな、他人事のように見てしまうのですよ。

一気に、どうでもよくなる感覚に近いかもしれません。
だからこそ僕は−−メモをとること自体も、好きではないんですよね。

僕の記憶が、どんどん。
色褪せていって、しまうみたいで。

あー
気難しいなぁと、今までの文章を見返して思いました。

でも、本当に。
僕って、こんな人ですから。

しかも、『気難しいなぁ』なんて自分を評しつつ。
そんなことをこれっぽっちも思ってもいないのですよ、僕って。

あくまで。
他の人にとって、大多数が−−気難しいって、言うんだよな、と言うことなのです。

周囲に、合わせ過ぎなのかもしれません。
社会に出てから−−色んな会話が成立しない人に合わせ過ぎて、コミュ障になってしまいましたし。

あぁ、困ったなぁ。
なんて言いつつ−−これも、一般社会に合わせた言いかたなんですよね。

あー、なんて思いますよ。
融通が利かないなぁ、僕って……なんて。

あの、ペーパークラフトのように。
緻密に、組み立てられて−−緻密に計算されて、その通りに動ける人だったらよかったのに。

なんて思いますが。
完成度の高い創作物に対して嫉妬するなんて−−本当に。

なんて、贅沢な。
posted by バロック at 20:43 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: