ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2017年03月11日

回想

東日本大震災が起こったときは。
季節外れの大雪に見舞われている時期でした。

ただでさえ、交通麻痺が起こっていた頃に。
あのような地震が起こって、停電までしてしまって。

地割れなんて、生まれて初めて見ましたよ。
戦慄が、走りましたね−−皮膚が、粟立ってしまって。

流通も、すべて停止してしまって。
腐りかけの海藻ばかり、スーパーに売っていたときは失笑しかけましたよ。

それが不謹慎であることは。
言うまでも、ないことでしたけども。

あのときは、誰もが助け合っていたように思うのですよ。
一致団結しようと言う、心構えが−−老若男女問わず、ありました。

とは言っても。
人はかなり、愚かしいモノで。

そんな経験を忘却し、元に戻ってしまうようなのです。
あれほど恐ろしい経験を、しておきながら。

そりゃあ、某元都知事が。
東日本大震災のことを、『あれは天罰だ』と言うのも……仕方ないとは言いませんが、言いたくなるのも否定できないなぁ。

なんて、思うのですが。
今回は、過激な持論を展開しようとは思いません。

ただただ、心を平穏にして。
ゆったりと、追悼の念を抱くだけです。

僕は、祈りを捧げますよ。
皆さんには−−あなたには、強制するモノでもできるモノでもありません。

ただ、少しでも。
気に留めてくださったかたが、いらっしゃるなら。

ぜひ、14時46分には。
黙祷していただけると、幸いです。

−−今回は、それだけです。
以上っ
posted by バロック at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: