ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2017年02月13日

脳内打合

たまに、お風呂場で執務を行いたくなるのですが。
今回も、同様に−−したく、なりました。

温まりながら、たまにぼぅっとできるのは。
意外と至福だなぁと、思えるのです。

それほど、今は忙殺されていると言うことでしょうけども。
それはけっこう、ありがたいことだと知っています。

無評価で、誰からも見向きをされなかった時代を。
長く生きたことがあると−−こう言った、忙殺されている今を愛おしく思えるのです。

因みに。
評価を最も求めていた時代は−−忙しいことが、至福でした。

とにかく、仕事をしたくて仕方がなくて。
僕を必要としてくれる人に、早く貢献したくて仕方がなくて。

スケジュールが空けば、喜んで埋めるほどに。
休むことに関しては、貧乏性でした。

じゃあ、今はどうかと言いますと。
やっぱり暇なのは嫌ですが……100%僕のリソースを利活用できる人なんて、僕しかいないゆえ。

僕以外の人に、こき使われるのが。
本当に、嫌になりましたね。

寧ろ、昔から。
そう言ったことが嫌いだったので−−初心を思い出した、とでも言いましょうか。

それであれば、就職なんて。
僕の行動原理に矛盾するんじゃないかと、言われそうですけども。

別にそれは、よいのですよ。
どうでもいい人にこき使われることが、嫌なだけなので。

……え、どう言う意味か?
…………………………………言いません、絶対に言いませんっ

と、言うわけでして。
本日、地元を出発します。
posted by バロック at 00:21 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: