ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2017年02月01日

無い物ねだり

考え事をしています。
この方向で、いいのだろうかと。

目的を見失ったわけでは、ありません。
誰かを裏切ろうとしているわけでも、ありません。

ただ、少しだけ。
憂鬱、なのかもしれません。

これは、僕が。
何かを始めようとしているときや、向上しようとしているときに起こる現象で。

オフラインの世界が、非常に下卑たモノに見えてきて。
何も進んでいないかのような状態が、苦しくなってきて。

自らがこんなところにずっと居続けていることに。
ひどく、焦ってくるのです。

なのに僕自身は、決定的に。
自らを間主観的に見る力が、欠けていて。

自らが本当に、前進できているのかどうかが。
分からなく、なってくるのです。

実際に、必要書類を纏めたり。
やるべきことを進めていた証拠が、あっても。

なぜ、周囲の人間はと。
……周囲と比べてしまうところが、僕の大きな欠点だなと、いま自覚しましたが←

もともと、誰かと比べられることが嫌いなタイプですし。
他の人に対しても、比べようとする概念がないくらいなのです。

自らを相対的に見るために、周囲と比べる癖がついているので。
それは自らがその自己批判に耐えればいい話であって、それがあまりに辛辣なときがあるゆえ。

他の人同士を比べるのが、嫌なのかも。
なんて、思いました。

それは、間主観的に物事を見ている。
と言うことでは、ない気がします。

周囲と、僕自身。
それらを切り離して、考えていますから。

複合的に見る力が、欠けているんですよね。
頭がいっぱいに、なってしまうので。

単純に物事を考えようとするあまり。
大事な条件をカットして考えていないかを、考えなくては。

なんて、考えている時点で。
複雑に考えている気が、しなくもないのですよ。

なんででしょうね。
僕にも、『どうでもいい』と言えるくらいの度量が必要かもしれません。

社会で起こっている物事を捉えようとするとき。
個々人の性質について、計算が始まってしまうのです。

しかも勝手に、始まるモノですから。
キャパシティがいくらあっても、足りないと言いますか。

どこかに、自動演算のスイッチがあれば。
それを、オフにしたいくらいなのですけども。

原子力のような僕の思考。
なんとか、融通の利くようにできないだろうか。

なんて言いつつ。
なんとなく何の気なしに、無い物ねだり。
posted by バロック at 15:29 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: