ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2017年01月30日

少しのつもり

今月末は、地元の高校の前期選抜があるのですけども。
僕の教え子で、受検する子がいるので。

少しだけ、したためて。
気が済んだら、眠ろうと思っています。

彼は、1月の最後の授業の際に。
いつもであれば、『さよならー』と言うのですが。

今回に限っては。
『お疲れ様でした』なんて、言ってきたんですよね。

彼の言わんとすることは、伝わってきたので。
僕はそれに関して、ここで書くことはしないのですけども。

だってそれは、彼の僕宛の気持ちであり。
それを僕が暴露する趣味は、ないのですから。

ただ、言えることは。
彼がよほどの覚悟の念で、それに向かうと言うのが分かる……と、言うことですね。

それだけでも、僕にとっては。
充分、ですから。

彼が、この先。
どのように、見えもしない未来を希求し、進んでいくのかが−−僕には、気になってしまうのです。

それほど、思い入れのある教え子であり。
かなり、打ち解けた仲となっていたのですけども。

この関係性に、ピリオドを打つのも時間の問題で。
正直に言うと、『教え子と塾講師』と言ういま現在の関係がかなり居心地のよいモノでしたけども。

僕には、それを手放す準備がだいぶできています。
それぞれが独立して、進んでいく準備が−−かなり、進みました。

時間は、刻一刻と過ぎていきます。
恐らく、彼は普段のテスト当日のように−−寅の刻に、起きることでしょう。

殆どの場合、イエスマンな僕ですが。
ラーメンを食べたい、なんて言う彼の希望は一蹴しました←

鹹水でコシを強化する代わりに消化しにくくなっているからダメだ。
譲歩しても、パイタンの柔らかなうどんにしなさい……なんて←

なんでその話になったのかと言うと。
まさかとは思うけどもカツ丼を食べるなよ−−と言う、話の後だったでしょうか。

そうしたら、その話になりました。
僕自身も、気が紛れてよかったのですけども。

相変わらず、マイペースなこって。
なんて、思いつつ−−なぜ、彼がマイペースなのかは知っているので、ツッコミはしないのですけども。

僕にも、同様の理由で。
マイペースになったり、装ったりすることは−−あります、ゆえ。

彼が、精神状態を拗らせなければいいのですけども。
心配のしすぎだろうなと、思っておきます。

心理的な調節の仕方は、いちおう。
僕の授業を受ける教え子には、指導しているので。

彼であれば、大丈夫と。
そう、思っておきます。

ここで、仮言命法を用いてしまうのは。
少し、別の意味で残念では、あるのですけども。

それにしても。
彼が、無事に受検を終えてくることを。

祈る、ばかりなのです。
普段通りの力を出し切って−−生まれて初めてとも言える、人生のかかったペーパー試験を。

どうか、楽しんできてほしいと。
そう、思うのです。

僕は、合否に期待をかけません。
僕の教え子が−−最大限の努力を以って、突き進むことを願うのみです。

彼に追い付かれないように。
僕も、努力をしなくては。

すぐに追い付かれたくは、ないですね。
そして15年は、越されたくないなぁって。

ちょうどそのとき。
僕の流動性知能は、だいぶ落っこちてきているでしょうし−−彼は、これからの世代に移るわけですから。

僕がまだまだ、現役でいるために。
い続ける、ために−−もっともっと、研鑽を積んでいかなくては。

そう、思うのですよ。
僕にとって−−そう、僕にとって。

塾講師として、働き始めたのには。
教え子を持つことで、僕の生命線が切れることがなくなる−−と言うのもひとつの理由として、あったのです。

卒業しても、僕の生命線は伸び続けます。
彼らに越されないように−−彼らが追い付いたことを祝福するために、追い抜いていくのを見届けるために。

その姿を、見続けるために。
僕がここに存在価値を、見出せるように。

僕はいま、ここにいるのです。
教え子に何かあったときに−−異様に、沸点が低くなっていたのも。

それが、原因だったのですけども。
だって……僕がぞんざいに扱われているかのように感じるんですもん。

当時の彼らの年代の頃。
僕が、***に***されてきたように。

……あぁ、自己陶酔し始めちゃいましたね。
カモミールを、口に含ませてください。

−−ありがとうございます。

えっと。

彼らが僕にとって、どこか。
投影されるべき対象にもし、なっているのであれば−−僕は、この職を見つめ直さなくてはならないなと。

そう、思っていました。
ちょうど、その機会が−−もうすぐ、来そうではあるのですけども。

来週の、月曜日ですね。
引き締めていこうと、思っています。

さてと。
とにかく−−そうだな。

悔いのないよう、これからも。
努力し続けていくことをここに−−ちかいます。
posted by バロック at 00:52 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: