ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2017年01月17日

ホワイトアウト

集中のできる時間が、夜になっていくのは。
僕が、夜に生きる人間だからでしょうか。

夜は、静寂に包まれていて。
自らの時間が、多く保障される。

朝から夕方は、ノイズを齎す人間が活動していて。
僕の心身を、大きく蝕んでいく。

ここから、抜けない限りは。
明るいときに身動きがとれなくなっていくような、雁字搦めな呪縛は解かれないのでしょう。

早く、ここを抜け出さなくては。
とは、思いつつ。

その焦燥が、僕をさらに掻き乱すことも事実であり。
遠い昔に消え去ったマイペースさを、束の間の休息で回復させながら。

動くことを、今後も。
続けていかなくてはと、思いながら。

−−甘いモノを大量にとった僕に、やっと睡魔がやってきたので。
気を失うように、泥のように、蝋が溶けるように……意識を、手放そうと思います。

ゆったりと。
眠っているときは、全てを放り投げて。

身軽になって。
何もかも、はだけさせて。

ゆっくりと。
−−………………
posted by バロック at 02:31 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: