ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2017年01月16日

書き殴り療法

精神的に辛いときには、とりあえずそれを書き殴ってみましょう。
メモ帳よりも、大きめのノートがよいかもしれません。

思い付くだけ、書くべきです。
自由に、連想したモノを書いてみましょう。

目の当たりにしたら、それを僕なら捨てますが。
取っておきたいかたは、それでも構いません。

日付と時間帯を書いて、どこかに保管しましょう。
すぐに見ることのできる場所が、望ましい。

僕は、先ほど。
メモ帳に書き殴って、だいぶ落ち着きました。

アブノーマルなことしか書いていませんので、ここには絶対に書きませんが。
2分ちょっとで28個も書いていたのには、ちょっと驚きました。

鉛筆で、さらさらと書き殴ったものの。
文体も崩れてひどいので、別の僕が書いたんじゃなかろうかって思うほどで。

とは言っても。
今の平静な僕がそのことを覚えているので、同一人物が書いたに決まっているのですけども。

取り敢えず。
出勤する前に落ち着けて、よかったです。

書けばいいんだったな、そう言えば。
オフラインで、大量に。

目が相変わらず重いですけども。
胸の内が、《すっ》としたので、まぁよしとします。

よし、本日も頑張れそうです。
行ってきます←
posted by バロック at 15:34 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: