ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2017年01月10日

がちがちがちがち

最近の話。
肌荒れが、だいぶ治まってきました。

指も、乾燥してしまっていたり。
頭の回転も、遅くなっていたのですけども。

だいぶ、それも鎮まってきた模様です。
相手方もきっと−−同じ状態に、近付いてくることかと。

思いつつ。
単なる、僕の所感を転移させただけなのですけども。

僕が必要なことを。
相手に言わせてしまう傾向に、僕はあります。

理由が、あってのことなのですが。
いま思えばそれは、かなりえげつないと感じるのです。

僕は、ここまでエゴの強い人間だったのでしょうか。
自分本位にならないよう、自己本位でやってきているつもりだったのですけども。

自ら、必須と思うことについては。
よほどのことがない限り、譲らない−−と言う悪癖が。

あの子を、蝕んでいなければ。
いいの、ですけども。

−−あの子は、僕自身ではありません。
どれだけ似ていようとも−−僕の器には、僕しか入れず。

あの子の器には、あの子しか入れません。
少し、溶けることができても−−僕が乗っ取ったり、相手が僕を乗っ取ることなど、できはしません。

エゴが働くと言うのは。
そう言った、無理であることを無理矢理しようとすることに等しいのです。

だから僕は。
自分本位にならないよう、気を付けているのです。

相手が、僕の毎日くる報告に関するメッセージに疲れた。
と、言ったことがありました。

そんなことさえも。
僕は、あの子に言わせてしまったのですよね。

最近の僕は、頼りない。
疲れていることも、頭がいっぱいのことも言わないで−−あの子に、代わりに言わせてしまいました。

それで、メッセージの回数も大幅に押さえた結果。
僕の心身の状態が回復していっているなんて、皮肉な話じゃないですか。

考えがあっての、ことでしたよ。
僕が自ら言わないのは−−実際には言っただろうに−−言わない、というのは。

ただ、その代償として。
姫を疲弊させる従者ができるとするならば−−僕はもう、こんなやり方をやめたいのです。

最近の僕からは、生命力が抜けていて。
発する言葉にも、命が宿っていませんでした。

今のコンディションであれば。
きっと、僕は−−最大限の熱意を持って、向き合えるのです。

僕は、ただ。
……いや、これ以上は言いません。

野暮ったい。
しかも、ここで言うべきことではないですから。

−−僕は、きっと。
あぁ、童心を残したままストレスなく大人になるには−−どうすれば、いいんだろう。
posted by バロック at 16:03 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: