ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2017年01月07日

シニカルフリッカー

近所の教室では、よくブレーカーが落ちるのですけども。
なぜ落ちるのか、分かり兼ねたりするのです。

別に、消費電力の内訳を把握していないわけではなく。
なぜ、落ちるような電化製品の使い方を未だにしているのかが分からない、と言うことです。

電力が集中してはならないことは、間違いがなく。
何を用いて何を使うべきではないかを、自問自答していた筈なのです。

2ヶ月ほど前から、それはありましたけども。
幾度となくブレーカーが落ちるのは、なぜなのでしょう。

なんて、思いつつ。
放置を、しているわけですけども。

別に、ブレーカーが落ちたところで。
僕自身は何も、変わることがないですゆえ。

逆に。
なぜ、これまでに5回ほどブレーカーが落ちているにも拘らず慌てるのかが分からないです。

近所の教室は、ガラス張りですから。
周囲の明暗が、分かりやすい構造なのです。

地域一帯が、停電になっていることはゆえにあり得ないことが。
それで、分かると思うのですけども。

それほど、手元が暗いと驚くのでしょうか。
目に頼り過ぎだと、思うのですけども。

急に消えたところで。
すぐに復旧することが明らかなことでなぜ、驚くのでしょうか。

分からないのですよ。
事の重大さには、全く驚かないにも拘らず、と。

少しだけ、昨日起こったことを。
ちょこっとだけ、記述してみました。

特に、他意はありません。
ただただ−−彼らが違う生き物のように、感じてしまうだけなのです。

それとも、そうですね。
昨日の暗示が、効きすぎてしまったのでしょうか。

なんて、言ってみる。
取り敢えず、本日はもうおやすみしますね←
posted by バロック at 02:38 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: