ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2016年12月24日

破天荒調理部員、参る

料理のお話。
昨日のお昼は、野菜炒めとオム納豆を作ったのですよ。

ビタミン源は、前者に。
タンパク源は、後者に。

なんて、バランスのよい食事に。
なるはず……でした、な←

野菜炒めを作っている最中に、それは起こりまして。
仕上げに、醤油を垂らそうと思ったのです。

なかなか、出てこなかったので。
おかしいなぁ、なんて思いながらもーー中華鍋を、スナップを利かせて振っていたのですけども。

出ましたよ、醤油。
ドバッと。

……ドバッと。
野菜が、黒くなるくらい。

……意外と、塩味の少ない醤油だったので。
普通に炒めてから、口に入れてみたら。

……。
………………このときの僕の顔を想像できるかたは、よほどの仲のかたでもあはははは←←←

なんて、出来でして。
調味料を掻き込んでしまったかのような、残念な野菜炒めと化しておりました。

気を取り直して、オム納豆を卒なく作って。
卵の甘味に中和させる作戦も、失敗に終わり。

あぁ、どうしよう。
なんて、思ったのですけどもーーふと、思いまして。

野菜炒めの具材って。
セルロースがたっぷりとコーティングされているかのような、キャベツが主な材料だったのですよ。

それらは、汁気を吸いにくいわけなので。
もしかしたら……なんて。

すぐさま、お湯を沸かしてそれを、打ち込みました。
それから中のモノを取り出して、水分を飛ばすように炒めてーー皿に、戻してみたのです。

それから、口にしてみると。
……意外とイケたので、吃驚しました←

少しだけ、しんなりとしたものの。
歯応えはそのままでしたし、ちょうどいい塩加減だったのです。

水っぽさが、なかったのは。
さっと湯掻く程度にしたのとーーさっさと水分を飛ばしたのが、よかったのかなと。

また、水分を吸収するタイプの野菜を用いなかったのもあって。
このような破天荒な調理が、できたんだなぁ……なんて、思った次第です←

もし、味付けが濃すぎた程度の失敗の際には。
ぜひ、湯掻いてみましょう。

すぐに生ゴミとして、廃棄してしまうよりも。
話のネタにもなりますしーーオススメですよ♪

なんて。
たまには、異常な行動力と個性が上手くいくのも、いいでしょうよー……なんて←


posted by バロック at 01:06 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: