ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2016年12月11日

希求人

休日ほど、インプットに力を入れることのほうが多かったりします。
平日は主に、アウトプットの機会の方が多かったりしますゆえ。

できるだけ、良質な情報を。
休日に、蓄えるのです。

言語を習得し。
知識を仕入れ。

適度に気分転換をし。
よく、眠る。

ーーそうすることで。
平日に、最大のパフォーマンスを発揮できるのですよ。

僕の場合は、特に。
精神状態がもろに、思考の潤滑や感情の機微に、直結しますゆえ。

ーーそれに、僕の場合は。

間接的に人間と接する職業に就いているのではなく。
直接、人を相手にしている職業に従事しているわけなので。

そんな、自らのコンディションがもろに。
仕事のパフォーマンスに影響するような豆腐メンタルが、自らを疎かにするわけにいかないわけでして。

そうなると、やはり。
休日は、できるだけーーお金がかからずに、好きなことをするのが望ましいわけなのです。

……え、散財は好きですよ。
金欠なだけですよー……えぇ、察せよ←

僕、『文豪ストレイドッグス』のフィッツジェラルドみたいなところがあるので。
彼は、自分の財産を自らの力に変換しますけども。

僕の場合は。
全てのリソースが、対象になりますゆえ。

……え、皆さんそうですか?
あぁ、確かに()

と、言うわけでして。
ここの部分で言うと、僕は普通なわけなのです、ハイ←

で。

僕の場合はーー知識の蒐集や、自己研鑽が何よりも好きなわけなのです。
それをこの世にすぐさま応用できたときーーなんて言うか……高揚するのです。

気持ちが、昂ります。
軽く、エクスタシィを感じます←

この、自らが頑張ったことが。
この世に還元されていると言う……リソースを無駄にされてない感が、好きなのですよ。

報われたような。
今までの行いが、正しく評価されたかのようなーーそんな、自己満足が好きなんですよ。

もちろん、相手がたが本当に。
僕のことを評価してくださるのであれば、それに越したことはないですけども。

人の評価なんて、別に。
この世に数多いる人類の中で、見る目のあるかたが仰っているに過ぎないですし。

見ていない人でも、評価をしたい人やそうじゃない人。
はたまた、批判したい人だっていらっしゃるわけじゃないですか。

僕は、フィールドワーカーでもないですし。
そんなことで全数調査を実施するほど、統計音痴でもないですから。

やっぱり、そんなことだってあるだろうと。
僕の認識がきちんと理にかなっていて、統計としてゴミでなければ別にいいやーーなんて、思ったりもするのです。

とか言いつつ。
僕、統計学があまり得意じゃなかったりしますよ←

……いや、心理統計学はA+でしたけどね。
心理学は専攻領域なのでーー頑張っただけなのです←

そろそろ、学び直さないとなぁ。
統計学……なんて。

閑話休題。

つまり、自らが納得できればそれでよい。
と、言うことなのです。

できる限りのことをすることで、様々な人間から求められる人間になることを。
僕はもう、知っていますから。

それを僕が、求めるうちは。
ずっとーー追求していこうと、思う次第なのですよ。

これからも、やるべきことをやり続けて。
やりたいことをできる身分に、なっていきます。

まだ、僕は70歳ではないですから。
心の赴くままに行動して矩を越えないなんてことがないですから。

やりたいことを先に行うのではなく。
やりたいことを先に、思い描くようにしたいのです。

それに向かって、やるべきことをやっていくイメージで。
ーーまぁ、とにかく。

やるべきことを、やっていくだけです。
求めるモノの、ために。


posted by バロック at 14:23 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: