ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2016年12月10日

合間

仕事の休憩の合間に、更新しているのです。
メリハリがついてこそ、充実するモノだと知ってはいるものの。

体力が有り余っているときには、そればかりではなく。
場合によってはーーやるべきことに費やすことも、可能なわけでして。

色々と、節目を迎えることによって。
時間の使い方についても、漸く工夫する方向に戻ってきてはいるのですよ。

常に、そうだったらよかったのに。
と思いつつーー疲労を跳ね除けてまで実行に移すには、身体にガタが来すぎていたところもありましたゆえ。

いい、機会だったように思います。
就職試験もーー姫とまた、会えたことも。

その前に、大きな諍い(?)が起こったことも。
全てが、必要だからこそ起こっているような気がするのです。

人道から外れれば。
非道だからこそ必要なことばかり、起こるのでしょうか?

ーーなんて、妄想したり。
人が簡単に道を踏み外さないように努める意識と言うのはーーそう言ったところから、来ているのかも。

なんて、思いました。
初犯は、し難いのにーー再犯はしやすいように。

ハードルが、低くなるんでしょうね。
なんて、思いつつ。

ーー少し、いま思ったことがあるので。
それをしたためたら、授業の準備をするとしますが。

生きている世界が違うように見えることが、僕には稀有なのです。
みな、等しく人間にしか見えません。

だからこそ、平等に見ることもできましたし。
むしろ、色々な人から僕に『生きている世界が違う』と言われると、悲しかったモノなのです。

ーーそれが、哀しきかな。
塾講師の職業に就いてからは……僕自身が、思うようになりましたね。

考え方の違い、思い方の違い。
それくらいであれば、なんとも思いもしません。

そんなの、人それぞれですし。
僕が秀でていることなんてーーその部分で、あるわけもありません。

ーーけども。
危機意識が、僕よりも欠如している人が多いと言うのは。

なぜなのだろう、なんて。
この業界にいると、思ってきてしまうのですよ。

危機に陥ったときに、『まぁいいや』と言う意味が分かりません。
それでいてやるべきことに関してはどうでもいいところで、食い下がってくる意味も分かりません。

僕は、どんどんと馬鹿になっているのだろうか。
僕が、愚かになっているのだろうかーーなんて、たまに思うのですよ。

人は等しく、愚かなのでしょうけども。
ーーそうですね、だからこそ。

向上しようと、努力しますし。
そう言った人間を僕はーーこれからも、見捨てないようにしないと。

なんて、心に決めるわけなのです。
ーーできるだけ、自分をダメにしない範囲で。

……あー、難しいですねぇ。
献身するタイプが、そんなことできるのだろうかー……なんて言うと、世の献身家に殴られそうですけども←

やっぱり、結論はいつも同じです。
やるべきことを、やるだけですね。


posted by バロック at 16:59 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: