ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2016年12月08日

ちょっとしたお話

昨日のお話を、詳しくしていなかったのですけども。
いかんせん、秘匿性の高い内容の話ゆえ。

詳しく、と言いますのは。
内側の詳しいお話ではなくーーその周辺で何が起こったのか、と言うような。

その、詳しいお話をしようかと。
そう、思う次第であります。

なんと言いますか。
昨日の早朝に、高速バスで東京駅に向かったのですけども。

意外と寒くて、吃驚した記憶があります。
地元と比べても、遜色がないほどにーー凍えそうに、なったのですよ。

今頃の地元は、ただ雪が大量に降って風が強いだけなんだろうなぁ。
なんて、予め思ってもいたのですけども。

太平洋側のほうは、風自体が乾燥していたので。
一入、冷たく感じたのですよ。

喉も、すぐに乾きそうだったので。
向こうではなおさら、大量の2Lペットボトルの備蓄が必要そうだなーーなんて思った次第なのです。

いや、水分は大事です。
僕、新陳代謝が激しいので水分が足りないとしんじゃーーあ、脱線しすぎましたね←

閑話休題っと。
東京駅では、取り敢えずーー朝食に、お蕎麦を食べました。

八重洲南口辺りにある、お蕎麦屋さんでして。
割と冒険のつもりだったのですがーー軽く食べる分には、食べやすかったように思います。

少し、足りない程度でしたが。
これから試験、と言うときにーー満腹だと、低血糖のまま臨むことになりますし。

これでもよかったように、思いますね。
ちゃっちゃと食べて、脱出した記憶が。

それからは、若干ばたついたのです。
証明写真を撮ったり、封筒を買いに行ったり、なぜか見つからなくて転職エージェントのかたに云々と。

地下で、彼と色んなお話をしました。
僕のような拙い塾講師としてのお話や、ジェネレーションギャップのお話。

互いの専攻の話や、これからの転職活動に向けての心構え等。
様々なことを、お話しましたが。

僕自身は、非常に有意義なお話ができたなぁと。
そう、思っております。

ーー目を合わせることが苦手なかたなのだな、と言うことに。
そのとき、初めて気付きました。

僕は、面接時に目を合わせるようにしようと。
このとき、漠然と思っていた記憶がありますね。

ーーいや、だからと言いましても。
カウンセリングポジションなしに、真正面で目を見ることができる人はーーなかなか、いらっしゃらないのかもですけども。

僕は、見据えてしまうんですよね。
人の目を見るのは、好きですからーー色んなモノが、見えてきそうで。

なんて、言うから。
僕はサイコパスっぽいのかも、しれないのですけども。

……良心が、いちおうありますし。
罪悪感も、あるのですけどねっ

……なんて。
次に行きますか()

実は、転職エージェントのかたと。
会場に向かう間、道に迷いまして←

手遅れにならない時間帯に着いて、よかったなぁと。
そう思いましてーーあはは。

かなり、肝を冷やした記憶が。
いや、うんーーあははは←←←

なんて。
学科試験は100%近くの自信があるのですけども。

面接の際に、コミュ障を発揮しそうになったので。
僕の受け応えについて、矛盾を突くかのような質問が来るのでーー僕はむしろ。

それは矛盾だと思ってもいなかったので。
その誤解を解くためにかくかくしかじかとーーと言うので、上手く理解していただけるように切り返していたのですけども。

ダンガン◯ンパのコト×マみたいなモノを発射される時点で。
僕の受け応えにつきましてはーー及第点と、自分で言ってはいけないような出来だったなと。

そう、思うわけでして。
相手方のほうでは、感触が違う可能性がありますけども。

拾っていただいて、次の面談試験に向かう際には。
盤石の態勢でーー臨む、所存です。

論破の余地が、ないくらいの。
言の葉を、紡いでいく所存です。

ーー全ての試験が終わったあとは。
秋葉原に、向かいまして。

某カメラ屋さんに出向いたり。
ファミレスで、ご飯を食べたり。

やっぱり、カメラ屋さんに行ったり。
なんてことをしてーー帰ってきて、今に至ります。

実際は、試験後の行動につきましては。
誰かと一緒だったわけですがーーそうですね。

その部分につきましては、どうか。
ご想像に、お任せいたしますです、マル←


posted by バロック at 16:16 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: