ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2016年11月11日

不器用自慢

現実検討力が君には皆無だ、なんて。
言われることが、ほぼない僕なのですが。

それは大体の場合。
僕のことを捕捉できない人が指摘できずに終わるパターンが多いわけでして。

回数も少ないですし。
指摘する人物も、少数名しかいないのですけども。

なんだかんだで、自覚がある状態ではあるので。
かなり、刺さったりもするのですが。

捕捉できる人間からの辛口コメントは。
すんなりと、入ってくるのでーー気を付けようとは、思えるのですよ。

これが、ラポールすらもろくに築けていない人から言われると。
何も響かないので、取り入れようがないのですけども。

こんな、かたすぎるところが。
僕の致命的に、マズイところではあるのですけども。

だから、こそ。
僕は理解者を欲しましたしーーもっと人のことを理解できるよう、なんて動いてはいるのですけども。

最近は、赤の他人との接触をなるべく避ける傾向にあり。
どんどんと、自閉的になっているきらいがあるので。

よろしくないなぁ、なんて思いつつ。
いいような悪いような、なんて。

ーー昔から、そうなのですけども。
複数の処理しなければならない事案が発生した際に、まずパニクることが多いのですよ。

ひとつひとつ、片付けていくほうが早いにも拘らず。
周囲に多重思考課題を強いられることが多いので、詰むーーなんてことも、しばしばですね。

最悪の場合、何も手がつかなくなることもありまして。
僕の不器用さは、この世でワーストなのではなかろうか……なんて妄想することも、しばしば。

知覚できることが多いだけで。
他の人も同様に、そんな不器用な事柄なんてたくさんある、なんて分かっていながらも。

僕自身がワーストなんじゃなかろうかと今、考える辺りは。
ちょっと、悲劇のヒロインじみててドン引きしたくもなったりします。

……実際には、できないですけども。
心身が密接に繋がった状態で、そんなことは……あはは←

なんて。
収拾が僕の中ではついているのですけども、読んでいる方々は遠い目になっていないだろうか。

なんて、疑心暗鬼になってきたところで。
おきまりの台詞を、言って終わりにしますね。

デウス・エクス・マキナ←



posted by バロック at 16:39 | Comment(0) | 自己紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: