ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2016年10月24日

数学好きの戯言

実は昔から。
数学が、好きなのですけども。

下手の横好きでして。
習得したモノを運用できるようになるまで、かなり時間がかかるのですけども。

不思議な世界だな、なんて思うわけなのです。
正負の数とか、その典型でしょうか。

ゼロの概念なんかも、仏法哲学のようでいいですね。
あれ、空(くう)の思想がもろに入ってますよね。

プラスとマイナスが帳尻合わせでゼロになるのですけども。
陽イオンと陰イオンが過不足なく合わさると、化合物になりますからね。

よく、数学は机上の空論の産物だと。
そう、言われますけども。

それは、陽イオンと陰イオンが過不足なく合わさると。
化合物が生成されることからも言える……なんて、仰るかたもいて。

ただ、それは。
ゼロの概念から言えば、違うことは自明の理ですし。

そも、空集合なんかが典型ですけども。
『ないことが存在する』と言う意味なんですよね。

あくまでも、化学の世界のそれは。
ベン図で言う、その集合範囲内が『イオンの過不足』の話なわけでして。

それによって化合物が生成されるとかは、範囲外なんですよね。
そう考えるとーー数学が机上の空論の産物だ、なんて反論自体が。

破綻しかしていない、と。
そうなるでしょうか。

ーーとは言いつつも。
僕みたいな半端者は、物事の区別が苦手なので。

帳尻合わせに、プラスとマイナスが合わさったときに。
そしてーーゼロ、なんて解答を導き出したときに。

結局、何が生まれたのだろう。
なんて、思うわけなのです。

紙面の中では、何も生まれてはいないのでしょうし。
別の誰かも同じように解けた人がゴマンといるんだろうなぁ、なんて過程から結論までが述べられた炭素が塗られているだけですけども。

初めて解けたとき、快感を覚えることがありますよね。
頭の中で、何かが生まれたのではないかーーなんて、妄想したりもするのですよ。

それは、何度も解けばなくなるのかと言うと。
必ずしもそうではないと、考えるわけでして。

ただ、解くことに慣れただけで。
得られる量は、同じように思うわけです。

いつも同じモノを食べていると、飽きますけども。
だからと言って、摂取するエネルギー量や栄養素の配分が異なるわけではない……と、言うように。

つまり、何が言いたいかと言いますと。
取り敢えずーーなんでも、やってみればいいんじゃないかと言うことです。

『そんなのがなんの役に立つんですか?』と言う人が多いですね。
なかなか駆逐できなくて、困っているのですけども。

そんなに、役に立つことを求めるのはなぜでしょうか。
だったら、何もしなければいいんじゃないかとーー思ったりもします。

やらされてる感満載だと。
この手のモノは例外なく、つまらないですから。

と言いますか。
全てを否定して殻に閉じ籠って何もせずに人生を終えたほうが、よほどその人にとっては役に立つとでも言うのだろうか。

なんて、思ってしまいますね。
もちろん、極論ですけども。

役に立つか立たないかを決めるのは、あくまで個々人の自由なので。
それで役に立たないと思うのであれば、それでいいんじゃないだろうか。

なんて、思うわけですよ。
……ただ。

受験生で、いますね。
この問題がなんの役に立つのか、と言う人が。

解けば合格に近付くわけだけども、それって役に立たないの?
なんて、思ってしまうのですけども。

やらされてる感満載である人であればあるほど。
受験生にも拘らず、そう言ってくるので。

僕は、そんなことを言ってしまうのですよ。
そりゃあ、受験で用いる問題の有益性を解くことはできますけども。

やらされてる、と言う意識の低い人に言っても。
無駄、だと思ってしまうので。

……冷たい、ですか?
ううん、そんなことはないですよ。

まだ、非受験生だったり。
夏の衣替えにもなっていない時期であれば、いいですけども。

今のこの時期に言うのであれば。
そう突き放してみるのも、優しさだと思っているのですよ。

ーーそれがシビアだと言う人も、いますね。
それは、その通りです。

シビアと優しさは、両立できます。
僕はこのときに、言ってもいいのですよーーあなた、今年は無理だから受験を諦めなさいって。

でも、それは言ったら終わりなので。
僕みたいな立場の人間が、言ってはならない言葉なので。

答えを言っても、いいのですよ。
相手がよく、考えている人であれば。

ーーそんな人は、受け入れることができるだけ考えていません。
本質を言えばポカンとして、実存を語れば怪訝そうな顔をします。

無駄なので、そう言うのって。
ーー僕は、夢も見せますが。

同時に、現実も見せるのですよ。
それが、僕の役割ですから。

僕が、コカインのような役割に回ってはいけないのですよ。
マイナスばかりが募って、破産をさせてはならないのです←

なんて。
収拾がつかなくなってきたので、久々に。

これを唱えて終わりましょうかねぇ。
ーーデウス・エクス・マキナ

posted by バロック at 16:07 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: