ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2016年10月14日

アニソン、実習、所感

今、横になっている最中。
色んなことが過ったので、少し目を開けて執務を始めたわけですけども。

眠くない、わけではないのです。
ですから、書きたいことを終えたら寝ようと思うのですけども。

今、涼宮ハルヒの『Super Driver』を聴いています。
と言いますか、聞きながらキィを叩いているわけですけども。

……唐突に、お訊きするのですが。
皆さんはーーあなたは、アニソンが好きですか?

僕は、かなり好きですね。
恐らく、音楽のジャンルの中でーートップを競えるくらい、好きです。

特に、青春時代を謳歌した頃の。
それくらいの年代のアニソンが、好きですね。

当時のアニソンの歌詞や曲調自体に。
程よく、厨二心を擽るところがあって。

当時は、そんな曲に励まされましたし。
なんだかんだでいま現在も厨二病に罹患している僕としましては……やっぱり、聴き返しても思うことがありますゆえ。

とは言いつつ。
特にこの時代のは、なんでこんなに心に残るのかを。

考えてみることが、あるのですけども。
あまり、懐古に囚われない程度に、考えてみると←

その当時の曲は。
作詞自体に、哀愁に満ちた雰囲気と励みになる力強い言霊が宿っていることが多いからかなぁ。

……なんて、思考するわけですが。
いや、充分にこれも主観的でしたな←←←

あとは。
単純な構造では、なくなりましたよね。

決まったフレーズ、単調な曲調、分かりやすい転調、誰もが歌えるキャッチーさ。
そんな、僕が幼少期くらいまでよくあったアニソンがだいぶ、減ったように思うのです。

技巧派、とでも形容できるような。
そんなアニソンが、増えましたよね。

もちろん、全てがすべてそうではないのですけども。
ストーリー性重視のアニメが、多くなったからではないか……なんて、勝手に思ったりもするのですよ。

ここまで、お話しておいてアレなのですけども。
あくまでも、個人的所感ですから……違ってても、大目に見ていただけると幸い、な、なの、です(震声

さてと。
実は、これが本題ではないのですざんねーん←

深夜のテンションと睡魔と疲労が合わさると、こうなっちゃうんですね。
久々に深夜更新をしてしまっているので、すっかり忘れていましたよ←

まぁ、いいや。
では、本題に入りますと。

『Super Driver』のお話を、しましたね。
実は、この曲を聴いているのは必然なのです。

某動画サイトで検索する際に。
わざわざ、そう入力したのですから。

この曲は、励ましの曲です。
やっちまいな、みたいな曲なのです。

いま、やりたいことの狭間にいる人が。
どの道に進もうか、悩んでいるのですよ。

迷っているのではなく。
悩んでいるわけなので、少しだけ安心しているのですけども。

僕は。
あの子が、後悔をしなければそれでよかったりします。

僕自身が決めることでは、ないですし。
僕にはただ、あの子の背中をポンと押すことくらいしかーーできることが、この件に関しましてはないですから。

ただ、決めあぐねてしまった際や。
途方に暮れてしまったときに、僕が某かの介入のできる立場にいるので。

その際には。
コースアウトした状態から、元に戻してやらないとーって、思ってはいるのですよ。

もちろん、代わりに走ったりもしませんし。
僕がゴールまでの道程を確定させてしまうことも、ありません。

自己決定権を奪われるなんて。
人としての権利を、剥奪されるようなモノですから。

僕は人に人生を指図できるほど、偉い人間でもないですし。
その人が人生を謳歌する上での醍醐味を奪うような非道な人間でもないと言う自負があるのです。

僕ができることは。
薬理療法で言う、インフォームド・コンセントとーー鎮痛剤の投与、くらいのモノなのです。

苦しみやつらみを、共有して取り除くこと。
緩和して、自己解決のスピードを上げてもらうこと。

これが、僕のやるべきことだと思っています。
何をするにしても、僕の立ち回りって。

なんて、思ったり。
そう、ですね。

僕はきっと。
大事な人にーー僕と同じ轍を、踏んでほしくないんだと思うのですよ。

特別の中の、特別なのです。
大切の中の、大切ですから。

桃の国の姫を、僕がこれからも支えていけるように。
できる限りのことを、していかなくては。

僕にも、かなりの懸念事項がありますし。
たいていの問題は、僕についてだったりもしますゆえ。

本当に僕、しっかりしないとって。
桃の国の姫は、国の研究を全うしたと言うに。

……え、なんの話かって?
あぁ、申し訳ないですーーこれは、あの子に許可をとっていないですから言えないです←

ただ、ただ。
僕はもっと、やるべきことをやっていかないとって。

そう、思ったのですよ。
そうじゃないと、しまらないじゃないですか。

なんて。
桃の国の姫からは。

あなたはあなたのままでいい、なんて言っていただけるのですけども。
これは、停滞してもいいと言う意味ではないですから。

僕らしさ、と言うのは。
現状に甘んずることなく、常に前進していくことと思っておりますゆえ。

これからも、できる限りのことをやっていこうと。
そう思う、次第なのです。

あぁ、それにしても。
姫よ、国の実習研究ーーお疲れ様でした。

休めるときに、休んでくださいね。
僕のように、休み下手にはならないでくださいね。

なんて、思いながら。
あぁーー眠い、そろそろ休みますね〜ハイ♪

posted by バロック at 04:33 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: