ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2016年10月07日

利己主義者の願望

最近は、夜に更新することが多くなりましたね。
なんだかんだで、起きたときよりも捗るのがひとつと。

いちばん、落ち着いているのが。
夜なモノ、ですのでゆえ。

とか言いつつ。
なぜか最近は、眠気が自然と訪れるので。

夜にはもう、眠たくて仕方ないのですけども。
それはまた、別のお話。

僕よりも、頑張っている人だってたくさんいますし。
実際、よく見聞きしたりもするのですよ。

たいてい、僕達が傍観してしまっている人達と言うのは。
本当に、いつもいつも足掻いている人ばかりで。

僕達が忙しそうだと思う人ほど、バイアスがかかっていて。
別に、自分達よりも忙しくない−−なんてこともあるので、不思議ですね。

とか言いつつも。
自らの主観を優先させるのであれば。

別にそれは、どうでもよかったりもするのですけども。
頑張っているその人のことに、希求していることが分かれば−−それで、よかったりって。

ところで。
桃の国の姫は、いま。

実習で、忙しいようです。
それはそれは、頑張っているわけですけども。

睡眠時間も、かなり削っていますね。
国の研究機関で、日付を超えながらも資料を作成していましたし。

なんだかんだで、風邪を引いてもいるのですけども。
投げ出しもせず、立ち向かっていましたから。

僕は本当に、誇りに思うのですよ。
姫がこうして−−国のために、頑張っていることを思うと。

その手伝いを、僕ができるなんて。
なんて、光栄なことだろうか−−って。

僕には、実のところ。
楽になりたいとか、出世したいとか、支配したい−−と言った、欲はないのですよ。

自分自身がしたいことは。
この世に爪痕を遺したいと言うことと。

僕自身のことを支えてくれる人を。
ずっと、守っていきたい−−と、言うことなのです。

僕にとって、姫を支えることは。
僕自身の願いを大きく叶えるための、十分条件たりえることゆえ。

もっと−−彼女のためを思った行動ができるよう。
そちらのほうに、尽力したいって。

そう、思っているのですよ。
僕のいちばんの欲求は−−貢献欲、ですから。

もっと、大切にしていきたいです。
僕のエゴで、僕の持てるモノ全てで。


posted by バロック at 23:28 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: