ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2016年09月23日

口遊む

言葉を紡いでは、姫の話を聴いています。
実習に備えて、音源を揃えたそうな。

僕も、ピーチ姫も。
音楽が、好きなのですけども。

価値観が一致しているかどうかは。
芸術鑑賞や音楽鑑賞をいっしょにすると、分かりやすいと思っています。

内面のことは、偽れないですから。
少なくとも、僕にはそのような芸当ができなかったりするのですけども。

桃の姫は、そうですね。
天邪鬼なところがありますけども、かなり素直なのですよ。

曲がっては、いないですね。
節々以外は、まっすぐなイメージです。

まっすぐにもなれば。
相手に向かうことも、できるのですよね。

僕も、そうしているつもりなのですが。
それが、できているといいな−−なんて、思いながら。

歌を歌って、みせてくれます。
それを聴いて、心地よいと思うのですから。

僕はもっと、覚悟を決めないといけないと。
そう、思っているのですよ。

それを、ここで言うのは憚れるのですよね。
言えば何か、間違えてしまいそうで。

もう少し、温めておこうと思っています。
それを言語化する術が、まだないのですよ。


posted by バロック at 23:24 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: