ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2016年09月22日

欠陥住宅

明るいところが苦手です。
頭が、おかしくなりそうになりますから。

視界に大量の情報が容赦なく入ってきて。
途端に頭が、重くなるのです。

少なくとも。
太陽と同じだけの光は、住処には必要ないと思っています。

……家の電気を、LED灯にすることは。
決して、悪いことではありません。

蛍光灯の波長よりもよほど、人体に影響を及ぼさないですし。
光熱費につきましても、かなり削減できますから。

−−ただ、それにつきましてはよりけりなところがあります。
JISと言うのはよくできているモノでして……照度でさえも、設定しているのですが。

一般に、事務をしたり学習をしたりするのに適した照度は、200ルクスですね。
談笑をしたり、閲覧をしたり、製図をしたり−−と言う順番で、照度を上げていくモノなのですが。

それなんて、別途で照明を用意すればいいだけの話であって。
天井を見上げれば眩しい家なんて、精神的に障碍が生じても仕方のないモノと化すのですが。

この家は、どうも明るすぎますね。
恐らく、寝室とリビングの照度は500ルクスを超えます。

500ルクスと言えば、だいたいのところ。
スーパーマーケットの、中の照明くらいの明るさなのですが。

イメージしてみると、それくらいの明るさです。
そう言った商業施設に入ると、目がチカチカしてくる人もいるようなのですが。

僕の家は、どこもかしこもそんなところばかりです。
やっぱり、明るすぎるのですよ。

下手をすれば。
快晴時の外よりも、夜間の家の中のほうが相対的に見ると明るく……感じるのですよ。

そこで本日は。
職場が休みであることをいいことに−−眼鏡を、新調したりもしたのです。

家の中も、職場も明るすぎるので−−それで、視力が低下したと考えていて。
度数も、計ってもらい−−かなり、上げていただいたのですが。

恐ろしいことに。
家に帰って、明るすぎる部屋ばかり歩いていたら……若干、ぼやけてきてしまったのです←

いかんいかん、なんて思って。
時折、目を閉じてはいるのですが。

目は、大切にすべきですよね。
なんてお話と。

なんでも明るければいいってモノじゃない。
と言う意味で、今回はお話した次第です……ハイ←

あー、この家。
もう、電球をすべて割ってやりましょうかねぇ←


posted by バロック at 22:16 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: