ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2016年09月21日

合理化の権化

相手の嫌なところや、嫌いなところを。
合理化してしまう、癖があります。

その人が、そんな境遇だったから仕方がない。
今までに歪んだ人種に毒された結果こうなって、さらに凝り固まってしまったのだから被害者のようなモノなんだ。

だから、僕がそこを認めてやらなければ。
そうでなければ、この人は改変できないのだ−−なんて思って。

ドツボに、嵌ってしまうタイプです。
それと同時に−−決して自らが報われることすらもない、なんてことも分かるのですが。

どうしても、続けてしまう自分がいます。
なんだかんだで、裏切られてもチャンスを与えてしまう自分もいるのですよ。

それを−−以前、指摘されたことがあったのですよ。
あなたはなんで、人を簡単に信じるかな……と。

あのかたは、僕をよく知っているので。
こう言ったところで、反論しているわけではないことが理解できるのが分かるので−−敢えて言うと。

信じてしまうのではなくて。
促してしまうのですよ。

相手の悪癖や、蟠りを。
僕は、促してしまうのです。

飽きてしまうと、いいですから。
逆ベクトルの力を加えても直らないモノは、消去するしかないですから。

本来ならば、僕がすべきことではありませんし。
飲み込まれてしまうことも、充分に承知しているのです。

それによって。
僕はたくさんの人に裏切られてきましたし、踏み躙られもしましたし。

中には、僕の行為を糾弾し。
侮辱し、差別されたこともありました。

それでも、僕はこの生き方を辞めることができていませんでした。
最悪−−僕と言う存在が、潰えて消えるだけだから−−と。

僕をこれだけ、虐げる人間が多くて。
理解者気取りで近付いて、理解したフリをし続ける偽善者で周囲が固められているのであれば−−それで、いいじゃないかって。

そう、思っていました。
僕は本当に−−楽になりたいだけだったのかも、しれないです。

こうして、よかれと思ってしたことで蹂躙されるのは皮肉だと思いつつも。
きっとこれで、僕はここから消えることができるんだ−−なんて、昨年度までは思っていた気がします。

けども。
最近は、その生き方を辞めたいと抗うようになりました。

僕だけの肉体と精神ではなくなったのです。
僕が受ける苦痛や苦悩は、僕だけのモノではなくなりました。

−−僕がいま現在も味わっているような。
少し気を緩めれば、自他ともに向けられる憎悪で焼かれる痛みに苛まれるような。

生きる気力がナニモノかに搾り取られているような。
楽しいことをしている最中も脳裡に浮かぶ亡霊がチラついてしまうような。

そんな、人として生きることも難しくなるような。
苦行を、味わわせるなんて。

それだけは、堪えられないのですよ。
その人が、離れていくことも充分に嫌なことですが。

その人が僕と歩んでくれることを選んだがゆえに。
僕の持つ棘や猛毒に苛まれて−−その人がその人じゃなくなってしまう気がしてしまって。

それだけは、嫌なんです。
それって、いま現在も僕が苦悩している状況と何が違うと言うんだろうって。

相手をありのままに受け入れる勇気が、僕には足りません。
正確に言えば−−受け入れようとして疑問に思った際に、素直に捉えずにこちらで鋳型を構成してしまうことを辞める勇気が、足りません。

やってしまったとき、僕はかなり無理をしてしまっているのです。
脈が乱れているのが、分かりますから。

ただ、この生き方を辞めたときに。
僕の鼓動は、永遠に止まってしまうんじゃないか−−なんて錯覚に、苛まれるのです。

きっと、僕はほぼ一生。
このことについて、悩んでいくことになります。

幼少期から、この生き方をしてきたので。
そのせいで、今でも僕は命知らずです−−が。

このままではダメだと。
そう、気付いたので−−こう、願わずにはいられないのですよ。

僕に、勇気をください。
もっともっと−−知恵を、ください。


posted by バロック at 14:45 | Comment(0) | 自己紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: