ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2016年08月30日

ルーチン嫌い

ルーチンワークが苦手だったりします。
あの、頭を使っていない感が拭えないモノがイヤだったりしまして。

もともとあるモノを、ずっとやるのも性に合わないモノで。
やっていて、楽になったなぁ……なんて思った瞬間、嫌気がさしてしまったり←

相手のリソースに関しても、確定させてはいけないところがありますね。
良かれ悪かれ、慣れてしまうのですから。

新しい発見もなく、微々たる思考すら用いることができない。
そんなモノがどうしても……好きに、なれないんですよね。

停滞しているようで。
腐敗していくようで。

本当に、忌むべきモノだと。
ずっと、嫌っているのですけども。

では、最近はどうかと言いますと。
鋳型に嵌められてしまったかのような、錯覚に陥っている今日この頃です。

塾講師のお仕事がつまらない。
なんて思う程度には、やらかしてしまっている感がありますね。

長く、同じ仕事をするモノではないと思います。
僕のような人間は、節目ふしめで−−新しいことに挑戦するか、思い切って別のことを並行して始めるかしないと−−なんて。

飽きっぽい人が、僕の身近にいるのですが。
何を隠そう、僕も−−スイッチが入った瞬間、飽きてしまうタイプなので。

そのところに関しましては。
スイッチが入らないように、気を付けて生きているわけですけども。

それは、生命線を切るのと同じような意味合いに近い。
そう、思っていますゆえ。

飽きてはいけないモノって、あると思うのですよ。
僕が人に対して−−思うモノの、ように。


posted by バロック at 17:26 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: