ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2016年08月21日

Between S and K

某美容院に、いたりします。
パートナーを、連れて。

少し、緊張してそうにファッション雑誌を眺めるあの子には。
何が見えているのかを考えると、少しだけワクワクしたり。

ところで。
話が変わるのですけども。

展望する力は、この先もっと要求されますね。
9割がたのお仕事が、本当に消失してしまうのは−−いつのことやら。

それは、その9割がたに該当する仕事に就くな。
と言うことでは、ない筈なのです。

某か、活かせるんじゃないでしょうか。
そこで培った、技術や心情につきましては。

前者は、完全にコピーできても。
後者につきましては、完全にコピーできるモノではない、ですからねぇ。

君の代わりはたくさんいる、なんて言う人がいますけども。
厳密には、そんな人はいないんじゃないでしょうか。

その場合のAIは、真似をしているに過ぎません。
その人そのものでは、ないわけでして。

そこで、自我同一性を拡散させてしまったら。
それこそ、取って代わってしまっても−−仕方ないんだろうなぁ、なんて。

僕も、睡魔に襲われた状態で考えていたり。
よし……寝よう←

posted by バロック at 11:05 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: