ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2016年05月30日

個人的な痛覚の話

インモラルで変な話なんですけども。
痛みを極力減らした死に方って、本当につらいのだろうか−−なんて、思うのですよ。

例えば、首を絞める系統のモノ。
あれって、頸動脈を程よく圧迫すれば……あんまり、苦しくないような。

血の気が引いていって、意識が遠ざかっていって。
……んー、ある程度までいくと自力で引き返せなってしまうとか。

ふとした瞬間に、死にたくなくなった際。
身体が動かないのに絶望して意識を手放す……なんてなったらそりゃあ、つらいですけども←

もちろん、死にたいときに限りますし。
実行に移すなんて、決して、してはならないわけですけども。

たくさんの人に迷惑をかけてきたから死にたいとか。
あいつは極悪非道だから、死んで当然だ−−とか、言う人がいますけども。

極論には、極論で反論すると。
だからこそ、勝手に死んではならないんじゃないでしょうか。

たくさんの人に迷惑をかけてきた。
と言うことは、それだけその人達がリソースを割いたと言うことですね。

彼らだって、暇じゃないですし。
相手にしたからと言って、何か見返りがあるわけでもないじゃないですか。

勝手にそれを、無に帰す行為って。
それらを全て、無駄にするってことですよね。

−−それで、迷惑をかけてきたから死にたいって。
そっちのほうが、よっぽど迷惑なんですよ。

それに加え、『死んで当然』とか言う人ってなんなんでしょう?
厳しいことを言いますが−−論外なんですけども、ハッキリ言って。

これに対して。
『人はあなたほど強くはないんだ』なんて言う人がいますし、これからもいるでしょうけども。

だから、ですね。
僕の何を知っているんですか?−−なんて、思うわけでして←

僕なんて、弱い生き物ですよ。
誰かの心ないひと言を見聞きしただけで、そのあとの一週間ほど差し支えが出るくらい。

そのときは、頭がおかしくなりそうですし。
下手をすれば、死ぬことを考えたりもしちゃいます。

−−そんなのは、誰にでもあると思ったでしょう?
そうですよ−−ですから。

僕を強い人だなんて、決め付けないでくださいな。

……少し、熱くなっちゃいましたね。
また冷静になった頃、更新することにします〜

posted by バロック at 15:39 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: